adsbygoogle

本日の気温12℃〜18℃

 

 

早くも街に
クリスマスツリーが
現れる11月に…

 

 

我が家のクリスマスローズ・ニゲル。

 

 

ようく見ると…

 

 

白くて小さな

蕾をつけている(*_*)

古葉をよく見ると
多少傷んだり、
枯れていたりする。
そんな古葉は
株元から切り取ってやる。

そうすると、
新しい花や葉に
エネルギーが向かう。

毎年クリスマス当日よりは、
少〜し遅い、年末年始の

クリスマスローズの開花。

プロセスも含めて
大いに愉しみます。


植物男子Taichi

 

関連記事:クリスマスローズの育て方

 

ポチッと、お願いいたします〜!

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

 

 

 

 

JUGEMテーマ:ガーデニング

《楽天市場》

あまりに美しく淡き緑

 

 

春爛漫〜新緑のGWにむかう中で、

 

小球根たち(スノードロップから原種チューリップに至るまで)と

クリスマスローズはひっそりと休息にむかう。

ある程度の陽光に当ててやり、

お礼肥の液肥を月に2回程度、施す。

そんなGWに

小さな可愛いニゲルが花を添えてしまった(*_*)

残した花柄はタネとり用だけ、のつもりだったが…

 



咲きました、小ぶりな一輪。
儚げで美しい葉色。
これは切る気になりませんなぁ(*_*)

朝食の脇で眺め愉しみとしよう。

さて一方、不幸なクリスマスローズ。
あんまり書きたくないが皆様と情報を分け合う意味でも…

 

 

これが【ブラックデス】?!

 

タールのような黒い染みが葉に発生
そのまま黒ずんで枯れ死するという気持ち悪いウイルス性の病気。

さて拙宅のクリスマスローズニゲル、

花を咲かせなかったこの苗は…

 


ハッキリと黒ずんでないが、怪しい!
この縮れた葉の姿は、まだ黒くないがブラックデスぽいと思うのだ。

 



気にしすぎかも?と思い直し、
ひとまず症状が出ている葉を切り落とし、鉢を
隔離。

 


使ったハサミは火でアブって消毒。

さて、残った葉は?茎は?
どうなるか?
他のクリローたちに移るのが最悪なんだが、

ちゃっちゃと捨てる!みたいな態度もとれず…

復活せんかなぁ〜


植物男子Taichi

 

それにしてもコイツはカワイイ。


関連ページ:クリスマスローズの育て方

 

JUGEMテーマ:ガーデニング

本日の気温7℃〜20℃

露地にこぼれダネから生えてきた芽を幾つか移植、鉢上げしたが

今日は、この小鉢…

 



タネから鉢で育てているクリスマスローズの芽、である。

本葉が出てくると最初の移植・鉢上げの適期。

逆に鉢上げが遅れるとこの後の生育に支障が出る。

と以前学習した覚えがあるのだが、

 

4〜5月では暑さで枯れる場合がある。3月中にやるべし!

 

…という説もある。

 

拙宅のこの小鉢(ポット)、3月18日の時点でこんな感じ。

👇👇👇👇👇👇

 

なぜか真ん中にワイルドストロベリーの新芽が…

クリスマスローズの芽も小さい。

 

そして今。芽の大きさでは今が適期。

秋まで置くと、混み合いすぎて移植しにくくなること必定。

👇👇👇👇👇👇

 

植替え先も準備できてるし…

 

 

というわけで、本日この新葉が出たてのクリスマスローズたちを移植!
小鉢をそっとバラして…

 



結構しっかり根が出ている。が、細いな…

ちょっと不安になる…

 

 

そうっと各々ポッドに植え付け直し。


水をしっかり与えて…
半日陰で暫く管理します。

上手く育ってね\(^^ )

植物男子Taichi

関連ページ:
【クリスマスローズ】葉芽・新芽・双葉
関連キーワード:クリスマスローズ,タネ,双葉,新芽,本葉,植替え,ポット上げ,ポッド上げ,適期,時期,育て方,夏越し,

 

 

本日の気温13℃〜21℃

 

クリスマスローズの鉢上げ(ポット上げ)は続く。

 

今日は、露地植えにしていたヘレボラス・オリエンタリス

こぼれダネと思われる芽を…

(参照:クリスマスローズの【鉢上げ】)

さらに3つ、鉢上げ。

 

 

うまく育つか?

 

それから、ビオラの後方に植え付けた

ヘレボラス・オリエンタリスが

全く葉を伸ばす気配がない…

 

 

おかしい。

 

これだけ、葉を伸ばしてくれないのはおかしい。

ひとまずこれも鉢に戻す。

 

 

花柄も半分摘んだので

ほぼ何にもない見てくれになってしまった。

出でよ!葉芽!

 

植物男子Taichi

 

関連ページ:クリスマスローズの育て方

 

 

本日の気温14℃〜20℃

春の嵐とも言うべき昨日の大雨で、遅咲きの桜ももう終わり。

嵐は去って、

今日は二十四節気の【晴明】らしい陽気\(^^ )

この時期はクリスマスローズたちが、新葉を次々に伸ばしている。

 

こちらは葉が出揃った感じ。

☟☟☟☟☟☟


 

こちらはまだ伸ばし足りないo(^-^)oワクワク

☟☟☟☟☟☟

 



その株元をよく見ると…
アブラムシ

 



クリスマスローズの葉にアブラムシがついているのをあまり見たことがない…新しい葉って、美味しいんだろうか?


クリスマスローズの葉って、毒が少しあるはずなんだが。アブラムシには関係ないのか?

しょうがない。
兎に角、クスリを。

さて新葉が伸長する一方で、クリスマスローズの花は摘花の時期

GWに向けて、タネをつけさせたい花柄を除いて、順次カットしていく。
花首をカットするより、株元近くで切る方がよい。

摘花と害虫対策。
クリスマスローズのケアは終わらないっす〜

植物男子Taichi

関連ページ:クリスマスローズの育て方
関連キーワード:クリスマスローズ,四月,切り戻し,摘花,害虫,育て方,

 

 

クリスマスローズを露地植えしていた場所。
よく見れば、クリスマスローズがこぼれ種から発芽している。

 

 

双葉から本葉がチョット出てきた状態。

ポットに播いた種も

ここまではしっかり生育している!

 

ちょっと前のタネまきポットの様子

☟☟☟☟☟☟

クリスマスローズ】葉芽・新芽・双葉


…これが皆、しっかり育って

この場所がクリスマスローズだらけになったら

幸せな風景だが…

ポットの芽も露地の芽も
このままグイグイと育つ程強いヤツではない
と思う。

そこで鉢上げである。
あまり遅くならない方がいい。

今くらいの時期だと
根が結構伸びてきている。
新芽同士が密な状態だと絡まり合ってしまうのだ。

…とはいっても初めての鉢上げ。
まずは、露地植えから1本お試しで!

 

 

根が結構伸びている。
園芸土に赤玉を少し追加して、

 

 

…まずは一鉢、完成。

うまく育つかな?

 

植物男子Taichi

 

 

関連ページ:クリスマスローズ【本葉・鉢上げ】

 

 

本日の気温4℃〜11℃

 まだ朝はかなり寒い(*_*)


昨年、採り蒔きしたクリスマスローズのタネ

しっかり芽を出している。

 


 ヘレボルス・ニゲルの種を採り撒きしたもの。

これはうれしい。

 

土も水やりも、特に難しいことはしていない。

これでこのまま本葉を出して育ってくれるなら

こんなに簡単なことはない。

 

ちなみに昨年4月17日に採取した時の画像。

👇👇👇👇👇👇

 

※その後、ポット上げの様子はこちら

👇👇👇👇👇👇

クリスマスローズ【本葉・鉢上げ】

 

 

そして、拙宅の庭でもこんな新芽を発見。

 

生えてきた場所等から、

これもクリスマスローズ(ヘレボルス・オリエンタリス)の

タネが発芽して双葉になったものと推測。

 

これもうれしい。

 

※この続きは、コチラへ!

👇👇👇👇👇👇

クリスマスローズの【鉢上げ】

 

開花中のクリスマスローズの株元からは、新葉が展開されてきた。

 

 



 こちらも。

 

 

ニゲルの葉をかきわけると、

葉芽が立ち上がってきている。

これはわっさわさになりそうなので、

黄変している葉を数枚、切ってやる。


新芽フェチにはたまらん春です!

 

 

植物、ダイスキ。

植物男子Taichi

 

関連ページ:クリスマスローズの育て方

 

関連キーワード:クリスマスローズ,初心者,育て方,種まき,タネ,

 

 

本日の気温1℃〜14℃。

もうすぐ春分だというのに朝方はまだまだ冷える。

この時期は、
クリスマスローズ【ヘレボルス・オリエンタリスが最盛期を迎えている。

これは先日訪れた新宿御苑のヘレボルス。

 

 

巨木と巨大温室が自慢?の新宿御苑では

クリスマスローズは残念ながら地味で目立たないが、

クリスマスローズファンなら一度は足を運ぶ価値はアリ、とみた。

さてここで先日、
横山直樹氏の講演会で教わった

【クリスマスローズの育て方のポイントを書き記す。

【花柄摘み】
桜の頃には花柄を摘む。
ちなみに蕾の頃に切ってしまうと

株がくたびれてくる。

【肥料、水やり】
桜とヒガンバナの頃に肥料を。肥料と水が一番必要なのが、桜の頃。

ただし、やり過ぎは良くない。いわゆるメタボ状態。いきなり枯死することも。

【古葉切り】
落葉樹と思っていい。
→枯れ落ちる訳ではないが、古葉は適期(11〜1月)にしっかり切る。

【植え替え】
植え替えは10月が最適。
次が3月。
植え替えてすぐ肥料を与えては駄目。硬根になったりする。

冬場に自ら水分を抜いて、凍死しないように頑張るらしい。そんな時
に植え替えをしてはいけない。

【植え付け場所】
植え付け場所→日向でも根が焼けなければ意外と育つ。
【直射日光】より【ゲリラ豪雨+酷暑】の方がクリスマスローズには大敵。

【こんなことも】
クリスマスローズには、ちょっと毒が有るらしい。

ヒトは一度に何トンも食べないと死なない程度の毒だそうだが、

人によっては、クリスマスローズの手入れをしていて

葉が肌に擦れて若干かぶれるとか、そんなことはあるそうだ。

豊富な経験と写真を踏まえての、育て方の解説。

とても貴重な時間でした…

 

植物男子Taichi

 

関連ページ:クリスマスローズの育て方

 

 

 



 

日本全国の【クリスマスロザリアンの皆さんにとって、

今日は相当のクリスマスローズ日和だったのではないだろうか?

拙宅のクリスマスローズも、

なかなかなかなか良い風体で

私のココロを和ませてくれた。

 

これは、紅色のピコティ=覆輪が入ったタイプ。

私のイチバンのお気に入りである。

一方で、この株を株分けして

露地植えにしたクリスマスローズは…

 

まだ蕾が開ききっておらず、

反り返ってちょっとスットコドッコイな佇まいである。

夏の猛暑を避ける為に、

イマイチ日があたらない場所に植え付けたからだろうか?

まぁこの際、

この違う人生?を送り始めた株分けクリスマスローズがどうなるか、

じっくり観察していきたいと思う早春の午後であった。

 

植物、ダイスキ。
植物男子Taichi

関連ページ:
クリスマスローズの育て方

 

JUGEMテーマ:花のある暮らし



 

拝啓 クリスマスローズ愛好家の皆様

この時期、御自宅のクリスマスローズを

存分に愛でておられることだろうと思います。


さて、我が家のクリスマスローズ。
2015年の10月に露地植えにしていた

オフホワイトの美しいクリスマスローズを

【株分け】しました。

※その時の記事がコチラ

クリスマスローズの株分け(画像)

 

☟☟☟☟☟☟

 

その後のクリスマスローズ鉢、今日こんな状態です。

 

☟☟☟☟☟☟

 

 

どれも思った程大きくなっていないのと、

一鉢は相変わらず花をつけないということで

結局、鉢上げしたままの状態で

引き続き見守っています。

一番調子が良い株は…




蕾が膨らんだ時点で、古葉を取っています。

来秋には庭に植え付けます。
 

一方、花がつかない株は


 

葉芽がちらほら。鉢底を見てみますと、


 

結構、根が張っている様子。
ちょっとわかりにくいかな(*_*)

根が張りすぎると花が咲きにくいので
コイツは近々深鉢に鉢替えします。

もう一株は、

 

 

何だか咲く方向を間違えている?ので、

これもやはり植え替えてみようかと。

植物を手間ヒマかけて育てる…愉悦の時間です。

植物男子Taichi

 

JUGEMテーマ:ガーデニング

関連キーワード:ナチュラルガーデン,鉢植え,クリスマスローズ,ヘレボルス,レンテンローズ,育て方,白い花,ホワイト,花が咲かない,花芽がつかない,

皆様こんにちは。
2017年1月の連休、お正月に続いて

ゆっくり休めていますか〜?

さて…
我が家では毎年、

 

年末に蕾があがってきてクリスマスから咲き始め、

お正月に満開になる…

クリスマスローズ【ニゲル】

 



1月は液肥を与えながら花を愛でます。

心地良い休日!

 

さて、この開花中の素晴らしい

鉢植えのクリスマスローズ・ニゲルに関して

ひとつ心配事がありまして…

それは
【用土】
株分けして植え直した時に使った土の

主な成分が【ピートモス】

【パーライト】も混ぜてあるが、

ピートモスの保水力の方が

上回っているように見える。

 

この土の【水保ちの良さ】は、
クリスマスローズには必要ないだろうなぁ〜、
と思う。

 

スタンダードの【赤玉土+腐葉土】に植え替えたいが、

この時期はどうかと思って、現状を維持しているのです。

花後、新葉が展開してくれたら一安心だけど…

夏の多湿を乗り越えらるれのか?

【根腐れ】しないのか?と思うと


3月中の【植え替え】もアリかな〜?(*_*;モヤモヤ

通説では、【クリスマスローズの植え替え】は秋が適期。

春は気温が上がる前ならなんとかなるらしい。

そんな事を考えながら、
この真冬の時期はクリスマスローズニゲルに癒されておきます。

 


植物男子 Taichi

 

関連ページ:漸く?クリローの季節!【ヘレボルス・ニゲルの株分け】

                 :【クリスマスローズの育て方】古葉切りっていつ(・・? 

                 :クリスマスのクリスマスローズ

      :面白い!クリスマスローズの常識・非常識

関連キーワード:ナチュラルガーデン,クリスマスローズ,ヘレボルス,ニゲル,用土,土,ピートモス,植え替え,適期,秋,春,

 

JUGEMテーマ:ガーデニング

 

『お〜い、ニゲルよ!

もうクリスマスですけどぉぉっ!


…まぁぁ、咲いてるとしておこうか!

って位の

中途半端な開き具合。

 

 

でも、我が家のクリスマスローズ【ヘレボルス・ニゲル】の

この中途半端な開花の具合は、今年始まったことでもなく、

寧ろ秋に株分けしたにしては

ここまで良く開花してくれた!と褒めてやりたい。

さてこの時期、12月のクリスマスローズの作業としては

葉によっては枯れ出す古葉があるので、適宜切ってやる。

こんな、シナシナのやつ。

 

あとは…冬の間、

日中よく日に当てて、

週1くらい液肥を与え、よく愛でる!

 

クリスマスローズと共に…皆様!

メリークリスマス!

 

関連キーワード:クリスマス,クリスマスローズ,ナチュラルガーデン,育て方,12月,開花,開花時期,肥料,

 

関連ページ:

面白い!クリスマスローズの常識・非常識

漸く?クリローの季節!【ヘレボルス・ニゲルの株分け】

【クリスマスローズの育て方】古葉切りっていつ(・・?

【1月のクリスマスローズ】心配なのは【用土】

 

JUGEMテーマ:ガーデニング

 

やっぱりこの時期は

クリスマスローズ!

昨年は正月前後に満開!
愉悦を与えてくれた
クリスマスローズ
【ヘレボルス・ニゲル】

今年は【株分け
したので
生育が遅れ気味…
花芽が昨年ほど
グイグイ上がってくる感じではない。

土を変えたのもちょっと心配。
ベイシックな赤玉土+腐葉土
→ピートモス主体の園芸土
クリスマスローズは常に乾き気味の方が生育よさげなんで、
この土ちょっと水保ちが良すぎるのでは?
と思いながら観察してます。

さて今日は、
この鉢植えクリスマスローズ、
株元から葉芽・花芽があがってきている手

株分け直後で水の吸い上げも悪かろうから、古葉切りを少ししてやろうと。

before

 

↓↓↓↓↓↓

 

after

 

新葉に日光がしっかりあたって、栄養がいきやすいと

判断しての、この【古葉切り

【傷んでない葉は切る必要がないとマニュアルに記述があって、

逆にいつ切るのがベストなのか、わかりにくい。

 

下葉が上がってきたらその枚数分切るとか

自分でルールを作るとわかりやすくなるかな〜

植物男子Taichi

 

JUGEMテーマ:花の有る暮らし

関連キーワード:ナチュラルガーデン,クリスマスローズ,ヘレボルス,ニゲル,古葉切り,剪定,切り戻し,育て方,冬,用土,

関連ページ:ヘレボルス・ニゲルの株分け

 

20代では全く想像できなかった

今の自分のガーデニングフリークぶりだが、

そうなったきっかけは2種類の草花の御陰である。

ひとつは【レモンバーム】そう、ハーブである。
挿し芽と摘心がこんなに簡単にできるなんて!

と思えたその日から、私のガーデニングライフが始まったのだ!

そしてもうひとつが【クリスマスローズ】


花を咲かせて愛でるその世界が、

こんなに癒される!てことに気づかせてくれたのが

クリスマスローズであった。

多少の手間をかければ、必ず【癒やし】を返してくれた

【ヘレボルス・オリエンタリス】

故に私のガーデニングライフは
【秋からクリスマスローズと共に始まり、夏前にいったんクローズ】
の気分で進んでいく。

しかし!今年は本当に秋が遅かった。

 

こんなに暑さが残るのは今年だけだと信じたいと思いつつ、

イメージで2〜3週は遅れたと思われる秋のガーデニング、

【クリスマスローズの株分け】に今日やっと手をつけた。

昨年も素敵な花を鉢いっぱいに見せつけてくれた

クリスマスローズ【ヘレボルス・ニゲル】


苦手の夏を日陰でやり過ごし、漸く半日陰のスペースへ。

 

あれだけ開花させると根が明らかに張りすぎ、

今季は株分けの必要があろうと判断し、

鉢から根を抜こうとするがパンパンに張って取れない。

仕方なく、カナヅチで割って…



やっぱり、パンパン!
ドライバーを差し込んだが分けられず、ノコギリで半分に切ることにした。

…こうやって株分け、植え替えを繰り返すと【鉢不足】に陥る。
今回は株分けした片方の株を、
いい具合に余っていた深鉢に植え付け。

↓↓↓↓↓



もう片方の株は、以前落として割ってしまった

素焼きの鉢に、こんな風に…
↓↓↓↓↓


各々鉢に植え付けたら、水やり。

施肥はもう少し様子を見て。

…というわけで漸く本気?の、秋〜冬のガーデニング。

 

うまく育ってくれるか?

 

JUGEMテーマ:花の有る暮らし

関連キーワード:ガーデニング,初心者,クリスマスローズ,ヘレボルス,ニゲル,育て方,株分け,適期,

関連ページ:【クリスマスローズの育て方】古葉切りっていつ(・・?

 

 



にほんブログ村  

 

1