adsbygoogle

昨年5月のユリオプスデージー。




さてこの【徒長リスク
とは…?


油断したわけではないが、

植え付けて1年経たないうちにこうなる。

 


 

ひょろ長っ!


このユリオプスデージー、

昨年の秋に一部、【切り戻し剪定を試みた。

その時の記事がコチラ

👇👇👇👇👇👇
ユリオプスデージーの育て方:課題と【切り戻し】
 

その【昨秋に切り戻したところ】から新芽が出てきているが…



期待していた株元からの新しい枝葉は、

残念ながら出現していない。
或るサイトで、木質化した部分で剪定しても新枝が出てきた、という記述を見かけた。
ということは、枝の真ん中の葉のない所で切っても新しい枝が出てくる?

…少なくとも私の経験では、
葉のない部分を剪定して

新枝が伸びてきたことは、ないけどなぁ。

兎に角皆様
ユリオプスデージーは
毎年花後の6月にバッサリ!切り戻すことが肝要です。

 


植物男子Taichi
 

 


関連キーワード:ユリオプスデイジー,木質化,徒長,切戻し,強剪定,

JUGEMテーマ:ガーデニング

 

《楽天市場》