adsbygoogle

 

 

つい先日、街角で【マツバギク】を見つけた。




新大阪駅の構内。

こうしてみると、鮮やかな紅い花に癒される…

 



このマツバギク、「キク」を名乗っているが、

正確にはキク科ではない。マツでももちろんない。
ハマミズナ科で、南アフリカ原産である。


明治の頃に日本に入ってきた時に、

「見た目」でつけられた名前のようである。

まぁこんな嘘つきネーミングも、

こうやってブログの話題になるということで

そう悪くはないのかも。

そういえば、ずっと手入れし、

見守っている【シュウメイギク】も

キンポウゲ科でアネモネの仲間。

 

つまりこれまたキクじゃないキク。

或る頃の日本の植物学者は、とにかく姿がどこかキクに似ていれば

「ホニャララなキク」と名付けたくなるほど、

日本にキクが定着していたのだなぁと、妄想してみる。

さて我が家の庭のキク科をちょっと調べてみると

【ユリオプスデージー】【ツワブキ】

 

どちらも花を見れば一目瞭然のキク科、

といったところだが、こちらはまた逆にキクを名乗っていない…?!

 

そしてなんといっても長いつきあいのキク科が【カレープラント】である。

カレープラントがキク科だとは正直気づかなかった…。

 

いっそカレーの香りがするキク→【カレーキク】と名付けて

園芸フリークの耳目を改めて集めてみては如何だろうか。

 

 

植物男子 Taichi

 

 

JUGEMテーマ:花の有る暮らし

関連キーワード:マツバギク,キク科,

関連ページ:ルビーネックレスの花が超意外!

 

 

《楽天市場》