adsbygoogle

 

本日の気温1℃〜14℃。

もうすぐ春分だというのに朝方はまだまだ冷える。

この時期は、
クリスマスローズ【ヘレボルス・オリエンタリスが最盛期を迎えている。

これは先日訪れた新宿御苑のヘレボルス。

 

 

巨木と巨大温室が自慢?の新宿御苑では

クリスマスローズは残念ながら地味で目立たないが、

クリスマスローズファンなら一度は足を運ぶ価値はアリ、とみた。

さてここで先日、
横山直樹氏の講演会で教わった

【クリスマスローズの育て方のポイントを書き記す。

【花柄摘み】
桜の頃には花柄を摘む。
ちなみに蕾の頃に切ってしまうと

株がくたびれてくる。

【肥料、水やり】
桜とヒガンバナの頃に肥料を。肥料と水が一番必要なのが、桜の頃。

ただし、やり過ぎは良くない。いわゆるメタボ状態。いきなり枯死することも。

【古葉切り】
落葉樹と思っていい。
→枯れ落ちる訳ではないが、古葉は適期(11〜1月)にしっかり切る。

【植え替え】
植え替えは10月が最適。
次が3月。
植え替えてすぐ肥料を与えては駄目。硬根になったりする。

冬場に自ら水分を抜いて、凍死しないように頑張るらしい。そんな時
に植え替えをしてはいけない。

【植え付け場所】
植え付け場所→日向でも根が焼けなければ意外と育つ。
【直射日光】より【ゲリラ豪雨+酷暑】の方がクリスマスローズには大敵。

【こんなことも】
クリスマスローズには、ちょっと毒が有るらしい。

ヒトは一度に何トンも食べないと死なない程度の毒だそうだが、

人によっては、クリスマスローズの手入れをしていて

葉が肌に擦れて若干かぶれるとか、そんなことはあるそうだ。

豊富な経験と写真を踏まえての、育て方の解説。

とても貴重な時間でした…

 

植物男子Taichi

 

関連ページ:クリスマスローズの育て方

 

 

 



 

《楽天市場》