エゴノキの開花,上から見るか下から見るか…

エゴノキを鉢植えで育てている。所詮は雑木、と云うなかれ。エグミのある実と言うなかれ。

この時期は、エゴノキの鉢をガーデンテーブルに乗せて、座って下から見るほうがいい。

鈴なりに垂れて咲く純白の小花たちから、本当に鈴の音が聞こえてきそうである。美しい!

このエゴノキ、もとは拙宅のシンボルツリーだった。油断禁物でテッポウムシにやられてしまったのだが、こぼれ種から育ってきた小苗を鉢上げして育てている次第。

そこそこ大きく育っている。自然樹形を大事にしたいのであまり剪定したくない。一方で、この木はほっとくと結構横に広がるのでスペースが必要。

それでも初夏のこの花を見ると、やっぱり佳き哉…と、育て続けているのだ。

植物男子TaiChi

ポチッと、お願いいたします~!
にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

Pocket
LINEで送る




ABOUTこの記事をかいた人

植物&庭園が大好きなサラリーマンガーデナー。植物たちの育て方を学び、第2の人生は手作りの庭で植物たちに囲まれて四季を感じながら過ごし、人生を終えたい。 さてその庭は、和庭か?イングリッシュガーデンか?場所は?日本?海外?…悪戦苦闘、ドタバタボタニカルライフに多少なりとも共感していただける方はぜひブログを御覧になってくださいませ。