4月の園芸家 by カレル・チャペック

新芽フェチ歓喜!の4月。

劇作家・エッセイストにして、チェコが生んだ偉大な園芸家のカレル・チャペックは、
自著【園芸家12ヵ月】の中で【4月こそ恵まれた、園芸家の月】と著述している。
まさに言い得て妙。

五月は単に草木が花を開くだけだ。
ところが四月には、草木が芽を吹くのだ。
うそは言わない。

このシュートと、蕾と、芽は、自然界における最大の奇蹟だ。

確かに!四月の花木の芽吹きは本当に素晴らしい!

エゴノキの新芽

私が特に気にいっている、芽吹きの姿。オオデマリ。
👇👇👇👇👇👇


剪定済みのアジサイも、ぐいっと【シュート】を伸ばす。

そう、春、特に4月は芽吹きが加速し、新芽フェチが垂涎する月なのだ。

マメな水やりに植替え、剪定、施肥、作業も増えてくる。
油断なく愛でてやる。それが私にとっての最大の【癒し】になるのだ。

植物fan.TaiChi

Pocket
LINEで送る




ABOUTこの記事をかいた人

植物&庭園が大好きなサラリーマンガーデナー。植物たちの育て方を学び、第2の人生は手作りの庭で植物たちに囲まれて四季を感じながら過ごし、人生を終えたい。 さてその庭は、和庭か?イングリッシュガーデンか?場所は?日本?海外?…悪戦苦闘、ドタバタボタニカルライフに多少なりとも共感していただける方はぜひブログを御覧になってくださいませ。