深紅のクローバー【クリムゾンクローバー】とは⁈

先週は、路傍の野草【アカツメクサ】の話をしましたが…アカツメクサより、もっと赤いクローバーがあった。(^-^;)シラナカッタ

クリムゾンクローバーというらしい。

クリムゾン、と聞くと昔のロックバンドを思い起こしますが…

クリムゾンの意味は?

クリムゾン(またはクリムソン 英語: crimson)

濃く明るい赤色で、…彩度が高く、色相環上ではマゼンタと赤の中間に位置する。

ギラッとした赤い色、ということかな。

クリムゾンクローバー@神戸

神戸布引ハーブ園での撮影

このクリムゾンクローバーを最初に見かけたのは、下の画像の場所。セージから生えてる?!と勘違い。

Web上で見たら、どれもかっこ良く真っ赤!だが…そんな真っ赤な花つきでないのは、花が終わりかけだからか?

野生化、というほど繁茂していなかった気がするので、同じクローバーにしてもそもそもシロツメクサのような強さはないんじやないか?と思いつつ調べてみると…




クリムゾンクローバーMEMO

名称 クリムゾンクローバー(英名 Crimson clover 学名 Trifolium incarnatum
和名 ベニバナツメクサ
別名・流通名 ストロベリーキャンドル

科・属 マメ科シャジクソウ属(トリフォリウム属)
原産地 ヨーロッパ

開花時期 4月~6月
高さ 20cm~50cm 花色 赤
耐寒性 強い 耐暑性 弱い

シロツメクサ、アカツメクサよりも派手なベニバナツメクサ!でも耐暑性が弱くて、1年草扱い。神戸の山奥だから栽培可能、なのかも。クローバーも色々ですね。

植物男子TaiChi

ポチッと、お願いいたします~!
にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村