GWも気になるクリスマスローズ

あまりに美しく淡き緑

春爛漫~新緑のGWにむかう中で、小球根たち(スノードロップから原種チューリップに至るまで)とクリスマスローズはひっそりと休息にむかう。
ある程度の陽光に当ててやり、
お礼肥の液肥を月に2回程度、施す。そんなGWに小さな可愛いニゲルが花を添えてしまった(*_*)残した花柄はタネとり用だけ、のつもりだったが…

咲きました、小ぶりな一輪。儚げで美しい葉色。これは切る気になりませんなぁ(*_*)朝食の脇で眺め、日々の愉しみとしよう。
さて一方、不幸なクリスマスローズ。あんまり書きたくないが皆様と情報を分け合う意味でも…

これが【ブラックデス】?!

タールのような黒い染みが葉に発生してそのまま黒ずんで枯れ死するという気持ち悪いウイルス性の病気。さて拙宅のクリスマスローズニゲル、花を咲かせなかったこの苗は…

ハッキリと黒ずんでないが、怪しい!この縮れた葉の姿は、まだ黒くないがブラックデスぽいと思うのだ。


気にしすぎかも?と思い直し、ひとまず症状が出ている葉を切り落とし、鉢を
隔離。

使ったハサミは火でアブって消毒。さて、残った葉は?茎は?どうなるか?
他のクリローたちに移るのが最悪なんだが、ちゃっちゃと捨てる!みたいな態度もとれず…復活せんかなぁ~

植物男子Taichi

それにしてもコイツはカワイイ。