クチナシ 香りは最高 開花時期は…

クチナシの芳香

梅雨の合間、雨上がりの散歩道で純白の白い花に目を留める。すると、あたりにそこはかとなく甘い香りが漂っていることに気づく。

クチナシの花…なんてヤツだ!この美しい純白の姿と、甘い香り!もうメロメロになるではないか!

三大香木のひとつだが…

ジンチョウゲ(沈丁花)、キンモクセイ(金木犀)と並んで三大香木と呼ばれているが、一輪のまとまった花姿では比較にならない程クチナシがダントツで美しい!

こんなクチナシなのに、近頃の世間の評判・評価は低めではないか?取り立てて『好きな花』と言われなさ過ぎではないか?

美しさが評価されていない理由=タイミング説

ゴールデンウイークから、新たな品種も含めて様々なバラが各地でさんざん美しさを見せつけた後、アジサイの花が母の日きっかけで街中に現れる。梅雨に入って漸くクチナシが開花、本格的に参入なのだが、そもそも刈り込みに耐えるイイヤツなんで街路樹だったり垣根だったりするから扱いが地味。サザンカ的な扱いとでも言うべきか(x_x;)ショボン

クチナシの花

クチナシの香りがここにも~京都・等持院の庭にて

クチナシに、香りという武器があって良かった。なければクチナシのヤツはもうこの初夏の園芸界で、バラやアジサイに歯がたたなかったのではないか。

貴女のようなクチナシの白い花by渡哲也

さてもう40年以上も昔の話しで【くちなしの花】という歌謡曲が大ヒット

♪くちなしの白い花~

のメロディは、中高年の男女には、今も健在。あの渡哲也が歌っていたのだ!
花を歌詞に載せた歌は枚挙に暇がないが…

♪淡き面影の沈丁花~
♪キンモクセイの咲く道を~
♪バ~ラが咲いたぁ

しかし、ここまで固有の品種名で押した『くちなしの花』はヒット曲としては珍しいのではないか。クチナシの独特の香りが作詞家にそうさせたのだ、きっと(._.)φマチガイナイ

くちなしの花の 花の香りが
旅路の果てまでついてくる
くちなしの白い花
お前のような花だった

クチナシは自宅で?

さてそんなクチナシ。街中の至る所で見かけるので、私は自宅で栽培したいとは思わないが皆様の周りでは如何だろう?

植物ファンTaiChi