タイム【ロンギカウリス】と【クリーピングタイム】の違い

5月の玄関アプローチは、可憐な小花の絨毯となる。

クリーピングタイム…と、ずっと思ってた。このタイムは、タイムには違いないがクリーピングタイムではないそうだ。

このハーブはタイム ロンギカウリス(ロンギカウリスタイム)
クリーピングタイムという這性の品種はべつにあって、

学名:セルピルム 別名:ワイルドタイムと呼ばれているらしい。
拙宅のロンギカウリスは本来のクリーピングタイムよりも丈夫で花期が早い。

葉をつまむと、ちゃんとハーブ独特の香りがする。効能を調べたが【ロンギカウリスは観賞用】とつれない。まぁでもこれだけ「花の絨毯」として高性能なのだから充分である。

そもそもこのロンギカウリス、自ら植え付けたものでもなく、隣りの御宅から拙宅の【芝ゾーン】に伸びてきたものだ。

コンクリートに囲まれた狭い空間。朝の日当たりは悪い。午後はそこそこ直射が入る。今となっては、昔の芝の様子は微塵もない。生え方が中途半端で困っていたのでむしろ芝がロンギカウリスに変わって大満足である。



気が付けば、また随分伸びている。来年はまた、ここから花を咲かせてくれるに違いない。花を楽しんだ後は、梅雨までに多少の切り戻しを。
炭が入ったコンクリートの通路を覆っても夏には焼けてしまうのでカットしてやる。

今しばらく、楽しませてもらおう。

植物男子TaiChi

関連記事:ロンギカウリスタイムの《花柄摘み・切り戻し》

ポチッと、お願いいたします~!
にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村