秋の花第1号は…サマームスカリ。

キツかった、2018年の夏

本日の気温、23℃~28℃。

2018年の夏は6月の大地震に始まり、日常的に体温を超える猛烈な暑さと度々の豪雨、
そして類い希な台風が続々。
2018年9月4日に日本を直撃した台風21号は地元でも史上最大、被害甚大。

台風が去ったこの週末は漸く晩夏の趣だが、
台風一過という言葉も虚しく、朝から大雨が続く。

秋が失われてゆく日本。
それだけに四季、自然の移ろいを細やかに観察したいものです。

9月の1番花に癒される。

さて9月。まだまだ30℃を超える暑い日々が続きますが、
朝夕には秋ならではの風を感じ虫の声に癒されます。
拙宅では秋の花第1号として、サマームスカリが蕾をつけています。

【サマームスカリ】ってどんな花?

サマームスカリ?なんて聞いたことがない名前だが…今日の画像。
コイツがサマームスカリです。

ヤブラン

サマームスカリこと、ヤブラン

はい、ヤブランです。ヤブランの別名が、サマームスカリなんだそうです。

房状の紫色の花が、同じキジカクシ科のムスカリに似ているので
この別名がついたそうで。

このヤブラン、街中のどこでも見かける丈夫なヤツですが、
育て易過ぎていつの間にか「あって当たり前」のような扱いを受け、
こうして夏の終わりに楚々とした花を咲かせるものの
あまり目立つこともない、今やちょっとかわいそうなヤツ。

別名のサマームスカリを名乗った方が一般的に花の時期も伝わりやすく、
季節の風物詩として捉えてもらえそうですね。

ヤブラン

植物ファンTaiChi