夏に貴重な紅花!コレオプシス【マーキュリーライジング】

本日の気温25℃~32℃
朝からあづい~(°°;)

こんな7月初旬らしい蒸し暑いさ中にもかかわらず、紅いヴェルヴェット様の花を咲かせてくれるのがコレオプシス・マーキュリーライジングである。

我が家では、玄関アプローチから入って間もなくのところでこの艶やかな紅花が迎えてくれます。
6月に入るとじゃんじゃん咲き始め…

コレオプシス【マーキュリーライジング】

コレオプシス【マーキュリーライジング】

チョコレートコスモスに似た花。パッと見は、なかなかのもんです。
ですが、ネタバレ的に後方から眺めますると…

見事な徒長っぷり!

ぎゅ~んと根元(画像の左側)から大きくひん曲がって伸長しているのがおわかりだろうか?
以前の記事でも述べたが…このコレオプシスマーキュリーライジング、多湿には弱いのだ。

我が庭は、さほどレイズアツプしていない=花壇にしていない。

煉瓦を1段だけ置き、少し浮かせた感じで植え付けはしたものの、梅雨のじめっとした土ではやはりウマく育たないのだろう…次回植え替え時(植替えの適期は10月、4月)この場所を全面レイズアツプするしかないかな…?なかなか面倒な作業になるな…

このコレオプシスの徒長や下葉がすぐになくなるユリオプスデイジーなどウチで育てるキク科の植物は「なんとか開花してくれるけど、不格好」な結果になることが多々ある印象。

課題はあるがこのコレオプシス、この猛暑の中で貴重な花である。終わった花柄をマメに摘んで秋までじゃんじゃん開花してほしいものだ。

植物fan.TaiChi

関連記事:徒長させたくない!【コレオプシス】の育て方チェック

ポチッと、お願いいたします~!

Pocket
LINEで送る




ABOUTこの記事をかいた人

植物&庭園が大好きなサラリーマンガーデナー。植物たちの育て方を学び、第2の人生は手作りの庭で植物たちに囲まれて四季を感じながら過ごし、人生を終えたい。 さてその庭は、和庭か?イングリッシュガーデンか?場所は?日本?海外?…悪戦苦闘、ドタバタボタニカルライフに多少なりとも共感していただける方はぜひブログを御覧になってくださいませ。