【蘖】って、読めます⁉️

 👉👉👉 これ、「ひこばえ」と読みます。

蘖(ひこばえ)とは…?

調べないと出会わない複雑な漢字。
あらゆる今時の園芸書を拝読しているが、この文字を使っている著者はまずいない。

ひこばえとは、樹木の根元や根元付近から出てくる

勢いの良い若い芽(幹・枝)のことを言います。

【Wikipediaより】

蘖(ひこばえ、ベーサルシュート、英語:Basal shoot)とは、樹木の切り株や根元から生えてくる若芽のこと。

太い幹に対して、孫(ひこ)に見立てて「ひこばえ(孫生え)」という。春から夏にかけて多く見られるが、俳句では春の季語となっている。

太い幹に対して、ひこ=孫に見立てているんですね。
ヤゴや、(主にバラは)シュートと呼んだりしてますね。

樹木の切り株から出てくるひこばえは、寧ろその枝を主枝として古株を切り落とす【萌芽更新】に使われることも。

オリーブ含め、ひこばえは春~夏の成長期ににょきにょき出てくるが、元気よさそうな艶々した枝を見て、つい切るのを躊躇(ためら)い見逃してしまう。
そしていつの間にか株の高さに迫るくらい伸びている❓️なんてことも。

オリーブの強剪定の時期(1~2月)ではないが、これ以上見逃すのは如何なものか、
ということでカット。

ひこばえは大抵、株元からなかなかの勢いで伸びてくる。勢いよく伸びるひこばえは株の栄養を奪うので。切るなら早い方が良いのだろう。株を太らせたいなら尚更である。

植物ファンTaiChi