ローズマリーの意外な弱点

また、枯れた…

我が家の最古参ハーブ、這性のローズマリー。

生え広がる這性のローズマリーを度々剪定する。
剪定したら、必ずと言っていいほど土に触っていた枝に、根っこが生えている。根つきの枝なら、挿し木にして簡単にもうひと鉢できる‼️と喜んで鉢植えにしてみると…枯れるのだ。

もう、何回も失敗している。失敗し過ぎて、
漸く「ローズマリーはそもそも移植が嫌いなんだ‼️」と気づく。

【ローズマリー 移植】でググると

●ローズマリーは、根を(いじ)られるのを嫌う
●大株のローズマリーは植え替えが難しい。
●ローズマリーは挿し木で増やしやすいが移植は難しい。

などのご意見が。これも、ローズマリーの特徴、個性ですな。

「引きちぎったローズマリーの枝に、たまたま根っこが生えているからそのまま土に挿してみよう」ということでは、間違いなく失敗するわけだ。

皆さんも気をつけて❗️

植物ファンTaiChi

Pocket
LINEで送る




ABOUTこの記事をかいた人

植物&庭園が大好きなサラリーマンガーデナー。植物たちの育て方を学び、第2の人生は手作りの庭で植物たちに囲まれて四季を感じながら過ごし、人生を終えたい。 さてその庭は、和庭か?イングリッシュガーデンか?場所は?日本?海外?…悪戦苦闘、ドタバタボタニカルライフに多少なりとも共感していただける方はぜひブログを御覧になってくださいませ。