熱帯ぽい京都、と言えば❓️

京都のボタニカルカフェ

京都では、社寺仏閣の庭園からその歴史深さを感じることが多いが、
花木、観葉植物がユニークなカフェで時間を愉しむのも素敵だ。

以前伺ったカフェの画像を久々に眺めていると、現れたのが…
外観のバナナの木がなんとも優しい~カフェ

何気に入ったこのカフェは、御所の南に位置する
Cafe Bibliotic Hello! (カフェ ビブリオティック ハロー!) 」という店名のカフェ。

Biblioticて初めて聞いたぞ、と意味を調べると、

Biblioticの意味 ; (形容詞) 筆跡鑑定学の

と出てきて、意味不明にてやや混乱😵🌀

どこかのサイトには

図書館、のBiblioからの造語

と書いてあったけど。

名前はともかくとして、バナナの木が出迎えてくれる外観は愉しい。

お店の中にはやたらと海外からの旅行客がいたなぁ~と記憶してます。

さらに調べると…
◎築150年の町屋をリノベーションしたブックカフェ。
◎お昼12時から深夜24時まで営業。飲んだ後の夜カフェとしてもnice!

で、そんなカフェの2階で、遅めのランチ。

おいしかったなぁ、とだけ覚えてます。
また行こ。

植物ファンTaiChi