【オリヅルランの育て方】ランナーの挿し芽で増やす

夏を過ぎて。気がつけばランナーが…

オリヅルランのランナー。
いつの間にか、しっかり伸びています。

画像の左上 ランナーが伸びている

画像の右上がオリヅルランの鉢。左上に向かってランナーが伸びている。

9月下旬、ヒガンバナの咲く頃からは
オリヅルランにとって、気持ちよ~く
根っことランナーを伸ばせる成長期です。

オリヅルランのランナー。根も伸びている。

オリヅルランのランナー。根も伸びている。

このランナーをひとまず水挿しにした。すると。
数日のうちに、グングン根を伸ばしている!

水挿しにしたオリヅルラン

水挿しにしたオリヅルラン

10日もすれば、ガラス瓶の中が
根でいっぱいに。水挿しランナーは10月中に、
小さな鉢に植え替える。

土はあまりこだわらなくて大丈夫。
市販の園芸土なら、観葉植物用の水保ち・水はけのよいものを。
通例の赤玉土・腐葉土の組み合わせでも十分でしょうね。

オリヅルランは冬の屋外が無理なんで、
自己流ですが、清潔な白いパーライトを株元に敷きます。

オリヅルランを室内に

オリヅルランを室内に

オリヅルランの扱いは9~10月が大事だと心得た。

植物ファンTaiChi

Pocket
LINEで送る




ABOUTこの記事をかいた人

植物&庭園が大好きなサラリーマンガーデナー。植物たちの育て方を学び、第2の人生は手作りの庭で植物たちに囲まれて四季を感じながら過ごし、人生を終えたい。 さてその庭は、和庭か?イングリッシュガーデンか?場所は?日本?海外?…悪戦苦闘、ドタバタボタニカルライフに多少なりとも共感していただける方はぜひブログを御覧になってくださいませ。