街角の【濃い紫】に癒される。君の名は?

オキザリス・トライアングラリス

街角で見かけた、
オキザリス・トライアングラリス

葉が大きい~手のひらサイズ‼️

カタバミの仲間で、地下に球根を持つもの。
昔から実家で育てているが、
こんな大きな葉には…なっていない!

薄紫の小花が春~秋を通してポツリポツリと咲く。

オキザリス、と聞くと即ち【カタバミ科の雑草】のイメージが強いのだが、
この紫の大きな三角の葉が持つ独特の美しさには、
もはや【雑草】のイメージはない。

カタバミ科らしく、根強く育ってくれるなら寧ろ有難いくらいだ。

オキザリス・トライアングラリスmemo

学名:Oxalis triangularis
科目 カタバミ科カタバミ属
原産:ブラジル
別名 サンカクバオキザリス、インカノカタバミ、紫の舞、カラスバオキザリス

茎の高さ5~30センチ。
花径2~4センチ。

花期 6~10月。四季咲き性
植え付け 春植え(3~4月)
乾燥に強く、過湿に弱い。

球根で宿根するのでしぶとく強い。真冬の扱いは丁寧に。

植物ファンTaiChi