【京都 紅葉の旅】 人が少ない穴場!

京都 紅葉 穴場


さて、今日は何度目かの…
秋ならではの企画

京都で紅葉を味わいたいけど人だらけなのにはウンザリな方の為の人の少ない穴場探し
…である!
《京都 紅葉 穴場》というキーワードで検索すると、

真如堂がオススメ!

というWebサイト記事を発見
ひとまず記事を鵜呑みにして、行ってみて検証。

いや~良かった!見に行った甲斐があった!
境内の拝観料金は無料
夕方の時間帯の紅葉は、
より一層綺麗に見えると評判です!

真如堂へのアクセス


私は阪急電車の河原町が起点なので、【四条河原町】の市バスE乗り場京都市営バス203番に乗車する。凡そ20分くらいで【真如堂前】に、到着。230円。

この矢印に従って、通りを曲がって…

いきなり、こんなモノが。
ん~、この道を登れ、ってコトね。

この登り坂、予想してなかったんで意外とキツかったです。
ちょっと小高いところに行くんで、ご褒美アリでした(後述)

さて登っていくと、左手にこんな階段が。

数段あがると、小さな看板の下に赤い字でこんなメッセージが。

勇気づけられます(笑)
「あと20メートル」には見えませんでしたが。
頑張りました。

上がっていくと、こんな景色が…

見えてきました。

夕日の差し込みが半端なく美しい!

東参道から、真如堂の裏庭に入ってきたようです。
11月下旬、紅葉の盛りを
ちょっとだけ過ぎた時期の平日
お客さんは確かに少な目、と思いました。

 真如堂(しんにょどう)とは

京都市左京区浄土寺真如町にある天台宗の寺。
正式には真正極楽(しんしょうごくらく)と称し、
真如堂は大本堂をさす。984年藤原詮子が延暦寺常行堂の阿弥陀仏を移して創建。

兵火のため、転々とする。
1693年(元禄6)旧地に戻り、現在の堂宇が建立された。

三重塔は、高さ約30m。
宝暦年間(1751~1764年)に建立された後、
1817(文化14)年に再建。

江戸時代の建築様式を体現、
現在は京都府の文化財にも指定されている。

真如堂の愉しみ方

私がたまたま訪れたのが
夕方だったのたが、
夕方の紅葉は最高!である。

夕日に照らし出される
紅葉越しの三重の塔なんて、
あぁ生きてて良かった!
くらいの感激がありますよ、ホント。

そして、ちょっと高いところまで
登ってくるご褒美、ってのは

紅葉の向こうに大文字山が望めます。
ちょっと見にくくてすみません。
スマホ画像なんで
雰囲気しかお伝えできませんが、その分、
真如堂に直接観光に来る楽しみが増えた
ということでお許しをm(_ _)m

涅槃の庭など、もっと見るべきものがあるようなので、
是非再訪したいと思っています。

植物男子Taichi

ポチッと、お願いいたします~!

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村