クレマチス【ペトリエイ】花後の剪定

本日の気温11℃~20℃

もう数年に亘って
美しいライムグリーンの花を咲かせてくれている。
クレマチス【ペトリエイ】

このペトリエイは4月から5月の開花の頃にあわせて、
新しいツル(蔓)が伸びてくる。

グングン伸びる訳ではない。成長がゆっくりです。
慎ましいけど、もどかしい。
そしてこの新しいツルの先に
来春の花芽がつくのですo(^-^)oワクワク

クレマチス【ペトリエイ】花後の剪定

新しいツルが伸びてくるこの時期こそ
ツルのリフレッシュ剪定を行うべし!

一旦咲いた花茎(蔓)は…

半分近くは弱っていて、葉が枯れているものもあります。
こんなツルは、株元から切ってしまいます。

葉が青々として丈夫そうなツルは、花首でカットして残してやります。

キンポウゲ科と聞くと丈夫で良い感じだと思うけど、
オセアニア系特有の弱さを持っているとも感じます。
高温多湿にも寒波にも弱い。

丁寧に育てた結果咲いてくれた
この小花達に、心から礼を述べたい

アザマス!m(_ _)m

植物fan.TaiChi

ライムグリーンつながりの寄せ鉢。
ヘレボルス、プリムラ【プリカント】と共に…いかがでしょうか?
👇👇👇👇

 

Pocket
LINEで送る




ABOUTこの記事をかいた人

植物&庭園が大好きなサラリーマンガーデナー。植物たちの育て方を学び、第2の人生は手作りの庭で植物たちに囲まれて四季を感じながら過ごし、人生を終えたい。 さてその庭は、和庭か?イングリッシュガーデンか?場所は?日本?海外?…悪戦苦闘、ドタバタボタニカルライフに多少なりとも共感していただける方はぜひブログを御覧になってくださいませ。