真冬の東京・銀座で咲く桜!君の名は?

東京・銀座、1月、土曜日。
真冬の庭もまた乙であろう!と思い立ち、銀座シックスの屋上庭園を訪れる。
寒さが広がる1日と予報されていたが、着いた時は意外とぽかぽか🌞

常緑樹が多くて、寒々しい感じはない。

此処は、中低木に馬酔木(アセビ)を多用している。

馬酔木の蕾は、独特の赤い色をしていてちょっと可愛い。

真冬の桜を愛でる

屋上庭園を回遊していると、反対から歩いてきた御婦人が「桜が咲いてますよ」と仰った。

1月に桜…狂い咲きか?

確かに咲いている。やや小ぶりで薄紅の花、美しい!

幹にかかった札には【ジュウガツザクラ】と名前が書いてある。

ジュウガツザクラとは?

ググってみると、ジュウガツザクラの特徴は以下の通り。

ジュウガツザクラ(十月桜)
学名 Cerasus × subhirtella ‘Autumnalis’
バラ科サクラ属
最終樹高5m 落葉高木
耐寒性有
開花時期10月~3月

10月下旬開花。開花期が長く、10月頃に開花し、冬の間も小さい花が断続的に春まで咲きます。耐寒性、耐暑性も強い品種です。記念樹や、シンボルツリーとして最適です。

ジュウガツザクラは一気に咲いて散る桜とは違い、次から次へとつぼみが開くために、9月下旬~翌年2月頃まで咲き続けます。春に咲く桜よりも小さな花が枝いっぱいにつき、秋の紅葉や雪とのコントラストが美しいです。春に咲く染井吉野のような華やかさはありません。

真冬に東京のど真ん中で桜を愛でる。
犬も歩けば棒に当たるが如く、である。

愉悦ヽ(´▽`)/

植物fan.TaiChi