忘れてないか⁉️冬の庭仕事【ラベンダーの剪定】

もう3月。今日の気温は6℃~13℃

いよいよ春が来る~☺️が、忘れてた庭仕事はないか?冬のうちにやらなければならなかったことはないか?と思いながら庭に目をやり…
ラベンダーの剪定が中途半端なことに気づく。

ラベンダーは、放っておくと、木質化がどんどん進んで、期待している姿にならなくなる。
冬の剪定をマメにやることが大事なのだ。
このラベンダーも、株元から相当木質化が進んで新芽が出てこない。兎に角切れるだけ切る✂️

⬇️⬇️⬇️⬇️

ん~、やっぱりずぼらな性格のせいか、剪定不足で株元の木質化が進み、下の方をあまり切れなくなっている…

挿し木しているラベンダーの苗は、うまく発根しているだろうか❓

ちなみに木質化が相当激しいのは、例えばユリオプスデージーも同様。
適期剪定のマメさが必要なり。

植物fan.TaiChi




ABOUTこの記事をかいた人

植物&庭園が大好きなサラリーマンガーデナー。植物たちの育て方を学び、第2の人生は手作りの庭で植物たちに囲まれて四季を感じながら過ごし、人生を終えたい。 さてその庭は、和庭か?イングリッシュガーデンか?場所は?日本?海外?…悪戦苦闘、ドタバタボタニカルライフに多少なりとも共感していただける方はぜひブログを御覧になってくださいませ。