淡さを極めた?このバラ…君の名は?

この花色、どう形容したらよいものか…ふわっとやわらくて甘~い色…❓

軽井沢レイクガーデンにて。

ロザリアンの皆様の表現は色々。

花色は明るいアプリコット色で、カップ咲きから咲き進むとロゼット咲きになります。

強すぎないアプリコット色が他の花色との相性も良く…

ソフトな杏色の優しい雰囲気が人気のこのバラは
花びらの縁取りがなんとも可愛いです。

クリームイエローの大輪ロゼット咲きで、外弁は反り返りほとんど白色。

咲き始めはオレンジののった淡い黄色で咲き進むとクリーム色に退色する。
グリーン・アイとなり数輪の房咲きでうつむいて咲く。

…等々。然してその正体は…

デビット・オースチン作出の「クロッカスローズ」

杏=アプリコットですから、淡いアプリコットカラーが一般的なんでしょうね。

【クロッカスローズ】とは

和名 クロッカスローズ
英名 Crocus Rose (Ausquest)作出年度 2000年
系統 EnRイングリッシュローズ
作出者 David Austin (デイビッド・オースチン)
作出国 UK (イギリス)
芳香 淡いティーの香り。
樹形 半横張り性
樹高 低い。

●伸びながら自由に咲き続ける。
●二番花までは四季咲きのように返り咲く。それ以降の花はポツポツと咲く。
●花つきが良く満開時は見ごたえあり。丈夫で育てやすいバラ。
●寒い地域では、ボタンアイをのぞかせることも
※ボタンアイ=グリーンアイ 花芯が緑に染まること。
●耐病性はあるが高温多湿時の黒点病には注意が必要。

実はチャリティーローズ

クロッカスローズはクロッカスのようなバラ、ではなくて…

クロッカスローズの名前は大腸癌の人々を助けるために設立された
“クロッカス信託”にちなんで命名されたそうです。
クロッカスローズの売上げの5%が、献金されます。

植物fan.TaiChi

Pocket
LINEで送る




ABOUTこの記事をかいた人

植物&庭園が大好きなサラリーマンガーデナー。植物たちの育て方を学び、第2の人生は手作りの庭で植物たちに囲まれて四季を感じながら過ごし、人生を終えたい。 さてその庭は、和庭か?イングリッシュガーデンか?場所は?日本?海外?…悪戦苦闘、ドタバタボタニカルライフに多少なりとも共感していただける方はぜひブログを御覧になってくださいませ。