真夏の花木といえば…【フヨウとムクゲ】

JUGEMテーマ:

 

そろそろ半袖も終わりかな、

と思うが、

秋分近くでもまだ咲く【真夏の花】を想ってみる。

真夏の花といえば、

 

ヒマワリ、アサガオといった

【誰でも知ってる夏休みの思い出直結系】か、

 

サルスベリなどの

【夏にバンバン開花しているのに知名イマイチ系】

 

を思い浮かべられるのだが、

後者の方の代表にこの花があろう。

未成年は見過ごしがちで悲しいくらい認知度が低いこの花。
程々の花好きは、ここで2択を迫られるのだ。
フヨウ?ムクゲ?
芙蓉?槿?

 

この花は、何年も愛でていると、見わけもつくし、

ぱっと見た目のイメージが

それなりに分かれてくるのだ。
(ちなみにこちらはムクゲ

芙蓉(フヨウ)は

こんもりと横に広がり、

ボワッと緩やかな咲き加減である。

対して槿(ムクゲ)は、

茎の伸び方が真っ直ぐで、

葉が小さいせいもあってピン!と伸びきって花を咲かせている、

まさに直線的でシャープなイメージなのである。

なので、長年両者を見ていると、

夏の先鞭を切ってムクゲが咲き誇ったその後に、

ゆったりと大きな株で芙蓉が開花している、

という印象なのだ。

 

(実際少しムクゲの方が早いそうだ。)
ちなみに芙蓉(フヨウ)はこちら

どちらも派手な大株になるんで拙宅の庭には向かないが、

街角で夏の【両エース花】を

楽しませていただいている次第である。

植物男子Taichi