傷んだラベンダーを植え替え 回復なるか?

二十四節気では【啓蟄】終盤。虫たちが本格稼働すると言われるこの時期に、我が家では冬越しを終えた鉢植えのラベンダーが、満身創痍である。

ラベンダー 冬越しはしたものの…

ラベンダー 冬越しはしたものの…

このラベンダー、冬越しは何ということもなく乗り越えた。だが、昨年の大地震で鉢がこけ、表面の鉢土が若干剥げたあとマルチングせず…さらに雨ざらしのまんま過ごさせて大雨&台風(記録的なやつは完全避難したが)にびちょびちょにされ、流石に丈夫なラバンディン系のラベンダーも枝枯れが目立ち、枯れてる?と思われても仕方ない見てくれとなった。

あきれるほど丈夫で、大株になったラバンディン系ラベンダーなんで、ちょっと植物に甘えてしまったのだ😭🙇ゴメンナサイ

ラバンディン系ラベンダーの植え替え

さてこの株をよくよく見ると、下から小さな芽が出ている。

3月中旬、ラベンダーの枝から新芽が…

3月中旬、ラベンダーの枝から新芽が…

芽が動き出しているということは、それに先んじて既に根っこも活動開始しているということ。
ラベンダーは、植え替え適期もこの活動開始時期の3月中旬~4月、GWあたりまで。

一回り大きな鉢に、今回は「粒状培養土」を使用して植え替えてみた。

花と野菜の粒状培養土

用土は【花と野菜の粒状培養土】を使用。

植替えした上で、株元は腐葉土でマルチングして仕上げ。

一回り大きな鉢に植え替え、株元をマルチング

一回り大きな鉢に植え替え、株元をマルチング

昨年秋に挿し木にしたラバンディン系ラベンダーは、もう少しポッド苗のままで根を伸ばさせてから植え替えする予定。

うまく育ちますよう…
植物fan.TaiChi