必ず咲く⁉️ムスカリ【アルメニアカム】の育て方チェック

初心者にぴったりの秋植え球根

初心者にぴったりの秋植え球根ムスカリ【アルメニアカム】

ムスカリ【アルメニアカム】クリスマスローズに添えて

ムスカリ【アルメニアカム】クリスマスローズに添えて

ウチではポッドに植え付け放置、たまに気まぐれで秋に別の鉢に植え付けたりして実際ほとんどノーケア。それでも毎年花を咲かせてくれる有難い存在です。
小ぶりな植物なりに置き所を考えて、【名脇役】を演じてもらう。

ムスカリ【アルメニアカム】とは

【学 名】Muscari armeniacum
【和 名】オオルリムスカリ, ブドウムスカリ
※ムスカリの名前の由来は、ギリシャ語のムスク=じゃ香。ただ少なくともムスカリ【アルメニアカム】はほぼ匂いがない。
【科・属】キジカクシ科(ユリ科, ヒアシンス科)ムスカリ属
【原産地】地中海沿岸
【開花期】3~4月
【特徴・草姿・草丈】
耐寒性が強く、今や春のガーデニングの「基本」とも言えるムスカリ。アルメニアカムはムスカリの中でもスタンダードな青紫花。まとめて植えてじゅうたんのように咲かせたり、チューリップやヒヤシンスとの寄せ植えにも合う。

ムスカリ【アルメニアカム】の育て方

置き場所・環境

耐寒性が強い。夏越しは直射日光を避けて。
水はけさえよければ土質にはあまりこだわらないが《ムスカリは酸性土壌を嫌う》ので、苦土石灰で中和推奨。

水やり

乾いたらたっぷり

肥料

4~6月、花後の施肥が結構キモ。薄目の液肥を隔週程度、葉っぱが枯れるまで与える。

その他管理方法

植え替え・植え付け

花壇の場合は3~4年は植えっぱなし。鉢植えは球根を充実させた後、地上部が枯れている間は鉢植えのまま日陰に置き、初冬に植え替えを。
植付け適期は9~12月。早く植え付けたり、植えっぱなしにするとそれだけ葉っぱが伸びて「ラーメン」化する。

増やし方

秋(11月)の分球が吉。花後、自然分球したモノを掘り上げ~植付け時に分ける。

ムスカリの私の管理サイクルは(鉢植え)

4月花後に肥料(液肥)
6月鉢植えは日陰、半日陰に(夏越し)
11月掘り上げて分球、植付け(苦土石灰)
12月寒肥

うまく育ちますよう…
植物fan.TaiChi