アンネのバラ【スヴニール ドゥ アンネフランク】このバラが欲しい!

独特の彩りが美しい スヴニール ドゥ アンネフランク

いつから靱公園のバラ園の主役を張っているのだろう…【スヴニール ドゥ アンネフランク】

スヴニール ドゥ アンネフランク

スヴニール ドゥ アンネフランク

大阪・靭公園の要所を彩り、まさにバラ園の主役でした。

スヴニール ドゥ アンネフランク(=アンネフランクの思い出)は「アンネのバラ」「アンネの思い出」「アンネの形見」とも呼ばれてます。第二次世界大戦時、運命に翻弄されながらも強く生き、若くして命を落としたアンネ・フランクを偲ぶメモリアルローズなのです。
アンネの日記と同じように、彼女の父オットー・フランクにより世界に紹介されたと言われています。

樹形は、かなり横張り

中輪半八重咲きで、アプリコットとピンクの交じり合った色がとても美しい品種です。花が中輪なので派手すぎず可憐な印象。

アプリコットとピンクの交じり合った色がとても美しい

アプリコットとピンクの交じり合った色がとても美しいスヴニール ドゥ アンネフランク (京都府立植物園)

 

スヴニール ドゥ アンネフランク

スヴニール ドゥ アンネフランク(大阪 靭公園)

四季咲き性で香りも楽しめます。株は横張り性で大きなブッシュになります。
普通の庭ではややまとまりづらいでしょうね。

和   名:スヴニール ドゥ アンネフランク
英   名:Souvenir d’Anne Frank
系   統:フロリバンダ (F)
作出年:1960
作出国:ベルギー
作出者:Hippolyte Delforge
交配親:
レーヴ ド カプリ(Rēve de Capri)×シャントクレア(Chanteclerc)

花の大きさ: 中輪(6~8cm)
花の色:アプリコットで、花弁の外側がピンクがかる
咲き方: 四季咲き中輪房咲き
樹  高:1m
樹  形:横張り性
芳  香:中香

公園で見た時も、確かに場所とってたしなぁ、自宅で楽しめるかなぁ🤔

植物fan.TaiChi

ポチッと、お願いいたします~!

Pocket
LINEで送る




ABOUTこの記事をかいた人

植物&庭園が大好きなサラリーマンガーデナー。植物たちの育て方を学び、第2の人生は手作りの庭で植物たちに囲まれて四季を感じながら過ごし、人生を終えたい。 さてその庭は、和庭か?イングリッシュガーデンか?場所は?日本?海外?…悪戦苦闘、ドタバタボタニカルライフに多少なりとも共感していただける方はぜひブログを御覧になってくださいませ。