和の花。独特の趣…コバノミツバツツジとは

桜の時期に神戸の山道で出会った、ピンクの花の群れ…美しいなぁ☺️

山のあちこちに、ピンク色の花が咲いて…

山のあちこちに、ピンク色の花が咲いて…

スマホをいじると、花の名前がわかった。
【コバノミツバツツジ】

古葉、ではあるまい。小さい葉っぱのミツバツツジ、ということだろう。

コバノミツバツツジの花@神戸 4月

コバノミツバツツジの花@神戸 4月

公園の植栽で見かけるツツジと違い、山中で楚々として咲く姿は派手さはなく、より和風で癒される。

【コバノミツバツツジ】とは

コバノミツバツツジは、ツツジ科ツツジ属の落葉低木。 中部地方から関東地方に分布するミツバツツジに比べて、葉が多少小さいためこの名がある。 ウィキペディア

六甲山を代表するツツジで、多くの人に親しまれています。明るい林を代表する夏緑低木です。春、木々が芽吹く頃、濃いピンク色の花を咲かせます。

六甲山のミツバツツジ類のほとんど全部がコバノミツバツツジといっても過言ではありません。
六甲山系電子植生図鑑

【学 名】Rhododendron farrerae
【科・属】ツツジ科ツツジ属
【原産地】日本 本州中部~九州
【開花期】3~5月

六甲山を代表する花木《コバノミツバツツジ》
《コバノミツバツツジ》は芦屋市の市花でもあるらしいのだ。

そんな《コバノミツバツツジ》の名を、今まで知らなかったとは!
桜と同時期なのでなかなかもてはやされることもない。
凄くいいのになぁ、もっと人気が出て
ポピュラーな花木になってもおかしくない!😅惜しい!

植物fan.TaiChi

ポチッと、お願いいたします~!

Pocket
LINEで送る




ABOUTこの記事をかいた人

植物&庭園が大好きなサラリーマンガーデナー。植物たちの育て方を学び、第2の人生は手作りの庭で植物たちに囲まれて四季を感じながら過ごし、人生を終えたい。 さてその庭は、和庭か?イングリッシュガーデンか?場所は?日本?海外?…悪戦苦闘、ドタバタボタニカルライフに多少なりとも共感していただける方はぜひブログを御覧になってくださいませ。