1周まわって…【マーガレット】の育て方チェック

やっぱり、マーガレット

ガーデニング歴10年を越えた筆者が、1周まわってたどりついた「やっぱりマーガレット」
キク科のエース🌼

マーガレット

マーガレット

日本には明治時代の末に渡来したそうな。

拙宅ではこのマーガレット、ガーデニング始めた頃は重宝しましたが木質化が進んだ時期に、一度離れまして…
◎ユリオプスデージーよりは湿地に強い
◎オステオスペルマムよりは日陰でも開花しやすい。
◎強いが、はびこらない。丁度良い大きさ。
◎挿し木の成功率が高い。
◎最近見かけなくなった

等々の思いで、近頃復活です~

【マーガレット】とは

【学 名】 Argyranthemum frutescens
【英   名】Marguerite マーガリート
【和   名】モクシュンギク(木春菊)
【科・属】キク科アルギランセマム(モクシュンギク)属
【原産地】カナリア諸島※アフリカ大陸の北西沿岸に近い大西洋上にある、群島。7つの島からなる。
【開花期】3〜11月(真夏除く)
【特徴・草姿・草丈】
キク科の半耐寒性多年草。上手く年数を経て生長すると木質化することから和名はモクシュンギク(木春菊)。品種改良を重ねて今は花色も大変豊富、白、黄色、ピンク、赤、八重咲き、周辺の花びらはそのままで、筒状花が大きくなって花びらにみえる丁子咲きなどがあります。

マーガレット 黄色の丁子咲き

マーガレット 黄色の丁子咲き

マーガレットの育て方

置き場所・環境・用土

マーガレットは、高温多湿を嫌う。露地植えならなるべく風通しと水はけの良いところを選ぶ。
鉢植えなら夏越し、冬越しは軒下で。12月~4月は、軒下の日当たりのいいところで管理。
酸性土を嫌うので、用土に苦土石灰を混ぜて酸度を中和・調節します。苦土石灰を土と混ぜて1週間ほどしてからの植え付け推奨。

水やり

多湿を嫌うことを念頭に、水やりは控えめに。
◎基本は、乾いたらたっぷり。
◎夏場は乾かし気味推奨。
◎露地植えは基本放置。

肥料

開花時期の春と秋に、置き肥として緩効性肥料を施す。若しくは液肥(液体肥料)を1ヶ月に2回ほどのペースであげる。
生育がほぼ止まる夏は、肥料を施さない。

その他管理方法

剪定・切り戻し

開花が一段落したら、梅雨が来る前に剪定・切り戻し推奨。風通しが良くなり、弱ってしまうのを防ぎます。
9月には新芽が出てきます。

夏越し

夏の間はほとんど成長せず、如何に涼しく過ごすか?がカギ。
肥料は施さず風通しのよい涼しい場所に置きます。雨には当てないようにしましょう。

植えつけ・植え替え

3〜5月推奨。

増やし方

挿し芽推奨。適期は5~6月、9~10月。発根しやすく成功率も⤴️⤴️
芽を長さ5cmくらいに切り取り、赤玉土、バーミキュライト、パーライト(いづれも単用)に挿します。

うまく育ちますよう…
植物fan.TaiChi

ポチッと、お願いいたします~!
にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

クリック励みになります。よろしくお願いします!
人気ブログランキングへ