大株ギボウシの株分け!植え付け!【実践】

自生しているフキの葉を、
突き破って芽を出すこの強いお方…

我が家のギボウシ《フランジー》

あまりに株が大きいんで、この際株分けして、兼ねてから気になっていた玄関前のポイントとなるスペースに一部植え付けようと決めた。

右側が株分けして取り外した部分。根が所謂《板根》となって、カチンコチンに。ノコギリを使わないと取れませんでした…

画像の真中の白いのが、ノコギリで切ったあとの切り口。

取り外した株の跡には、庭土に多少の腐葉土を混ぜて、埋め戻し。

そしてこちらが新しく植えつけた方。
👇👇👇👇👇👇

もう少し広めの画像
👇👇👇👇👇👇


アメリカイワナンテンを背景に、向かって右はアジサイ《アナベル》。
ちょっと大きな隙間を一株でどん!と埋めてほしいのです。そこそこの日当たりが、このギボウシにとっていいのか悪いのか?今までは【ほぼ1日中、半日陰という、ギボウシにとって最高のシチュエーションだっただけに…うまく育ってくれますように。

その後のギボウシの雄姿!

ピッタリ!思ってた通りのポジショニング!
👇👇👇👇👇👇

あとは、このポジションでうまく酷暑を乗り切ってくれるかどうか。直射日光はほぼあたらないハズなんけど、なぁぁ。

植物男子TaiChi

ポチッと、お願いいたします~!
にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

Pocket
LINEで送る




ABOUTこの記事をかいた人

植物&庭園が大好きなサラリーマンガーデナー。植物たちの育て方を学び、第2の人生は手作りの庭で植物たちに囲まれて四季を感じながら過ごし、人生を終えたい。 さてその庭は、和庭か?イングリッシュガーデンか?場所は?日本?海外?…悪戦苦闘、ドタバタボタニカルライフに多少なりとも共感していただける方はぜひブログを御覧になってくださいませ。