セダム【サルサヴェルデ】の育て方チェック

なぜか、【セダム】が苦手です💦

そもそも可愛く仕立てるのが苦手なせいか、セダムはなぜか苦手。これまで、うまく付き合えているのが唯一、セダム【レフレクサム】のみ。

シラユキミセバヤ❌、コーカサスキリンソウ❌、メキシコマンネングサ❌

あの強靭なメキシコマンネングサまでも放ったらかしにしすぎて枯らしてしまうという…😅

このセダム【サルサヴェルデ】も、たまたまふるさと納税の多肉植物10個セットに入っていたから育てているが、かなり距離を感じているのも事実。

セダム【サルサヴェルデ】いつのまにか徒長している

セダム【サルサヴェルデ】いつのまにか徒長している

今回は多分、あったかくなってきたのに水やりの頻度を上げなかったので、内側の枝がカラッカラに乾いてしまったと思う…

セダム【サルサヴェルデ】とは

【学 名】Sedum makinoi ‘Salsa Verde’
【和 名】サルサヴェルデ

『サルサ』はソース『ベルデ』は緑色の意→イタリアンソースを文字った❓️

サルサヴェルデ

イタリアンパセリとミント、バジルを撹拌し、にんにくやマスタード、オリーブオイルを加え、塩やレモン汁で味付けしたソース。

【科・属】ベンケイソウ科・セダム属
【原産地】アフリカ
【開花期】5月
【特徴・草姿・草丈】
晩秋から春にかけては黒色。確かに届いた11月はそうだった‼️放っておくと、先へ先へと伸びていって画像のような不格好な形になる。

セダム【サルサヴェルデ】の育て方

置き場所・環境・用土

無理に育てようとしない方が良いのかな…以下、或る販売サイトから。

ほったらかしでも育ちます!寒さにも強く、どんどん大きくなります!
本当に育てやすいセダムです! 背たけは3センチ程度ですが横にどんどん広がります。
切って挿しておけばかんたんに増え、グランドカバーにもってこいです。
寒さには比較的強く(0度程度まで)夏も強いです。
日当たりのよいところ推奨。日陰ではうまく育ちません。

水やり

乾いたらたっぷり💦。露地植えは基本的に不要。

肥料

意外と肥料が好きらしい。2ヶ月に1回の割合で、土の上に緩行性の化成肥料を。

その他管理方法

植え替え

春秋が適期。

増やし方

挿し芽推奨。適期は5月、10月。
5センチくらいに切り、赤玉土などに挿しておくと20日間で発根します。

セダム【サルサヴェルデ】の挿し芽

徒長しまっくている枝から、よくよく見ると根っこが生えている。

セダム【サルサヴェルデ】下葉をちぎり取って挿し穂を作成

セダム【サルサヴェルデ】下葉をちぎり取って挿し穂を作成

切り戻しのついでに、挿し芽してみることに。

セダム【サルサヴェルデ】挿し穂を土の上に並べて…

セダム【サルサヴェルデ】挿し穂を土の上に並べて…

挿し穂を適当に並べて、下半分の根っこが埋まるように挿し芽用の軽い土を覆土します。

水やりはこれまた迷うんですが!5月のあいだは【乾いたらタップリ】を普通に遂行します。
あ、花芽がついるものは最終的に全部カット。今回は花を見送って、サルサヴェルデの株がもとの通りコンモリとした株になるように努力します。

5月上旬でこんな感じだから、4月中旬あたりに枝先を切って水やりの頻度を上げるのがよいかも。

うまく育ちますよう…
植物fan.TaiChi

ポチッと、お願いいたします~!

Pocket
LINEで送る




ABOUTこの記事をかいた人

植物&庭園が大好きなサラリーマンガーデナー。植物たちの育て方を学び、第2の人生は手作りの庭で植物たちに囲まれて四季を感じながら過ごし、人生を終えたい。 さてその庭は、和庭か?イングリッシュガーデンか?場所は?日本?海外?…悪戦苦闘、ドタバタボタニカルライフに多少なりとも共感していただける方はぜひブログを御覧になってくださいませ。