世界殿堂入りのバラ【ダブルデライト】その魅力は?

何が【ダブルの喜び】なのか?

世界殿堂入りのバラ【ダブルデライト】@中之島バラ園

世界殿堂入りのバラ【ダブルデライト】@中之島バラ園

バラ【ダブルデライト】とは

【和 名】ダブルデライト
【英 名】Double Delight
【系 統】HT ハイブリッドティ
【花の大きさ】大輪(12cm)
【花 形】丸弁高芯咲き、半剣弁高芯咲き
【花の色】クリーム色~赤
【咲き方】 四季咲き
早咲きな一方で秋の花が素晴らしい強健種。
花弁のクリーム(アイボリー)色に鮮やかな紅の覆輪が入ってくる色の変化が愉しめ、見ていて飽きないバラ。
丸弁の浅いカップ咲で、大きく緩やかに花弁を波立たせる。

【香り】 強香(フルーツ系)
香りが素晴らしく芳香品種の中でも3本の指に入るほど強く香ります。爽やかな柑橘系のフルーツ香です。

花色の美しさと、強い芳香で香りの銘花であることの【二重の喜び=ダブルデライト】なのです。

【樹 形】横張り性
【樹高】1.5m
強健ですがトゲが多い。葉に薬害を生じやすいので薬剤散布時には注意が必要です。

【作出国】アメリカ
【作出者】Swim,H. & Ellis,A.
【交配親】Granada×Garden Party
【作出年】1976年
1977年にAARS、1985年にWFRS「バラの栄誉の殿堂」入り、ほか多数を受賞している名花の一つ。ピースの子孫。




【ダブルデライト】園芸家の評判は?

ダブルデライト、2番咲きはくっきりと鮮やかな紅色の覆輪を見せてくれた。
これぞ、ダブルデライトらしい咲き方。
色がクリームと紅色、香りもよいのでトリプルデライト(3つの楽しみ)とも呼ばれるそうです。

枝が細く、花茎が長いので、雨にあたるとうなだれやすいです。

きのうの白っぽいダブルディライトが、きょうはこんなにくっきり美人になりました〜。
いい香り。
ダブルディライト〜二重の喜び〜

 

このバラ欲しいなぁ~😌イイネ
植物fan.TaiChi

関連記事:シリーズ『このバラが欲しい』一覧!

ポチッと、お願いいたします~!

Pocket
LINEで送る




ABOUTこの記事をかいた人

植物&庭園が大好きなサラリーマンガーデナー。植物たちの育て方を学び、第2の人生は手作りの庭で植物たちに囲まれて四季を感じながら過ごし、人生を終えたい。 さてその庭は、和庭か?イングリッシュガーデンか?場所は?日本?海外?…悪戦苦闘、ドタバタボタニカルライフに多少なりとも共感していただける方はぜひブログを御覧になってくださいませ。