美しすぎる【ダイモンジソウ】にハマる

ダイモンジソウの開花期

我が家のダイモンジソウ(鉢植え)が花を咲かせた。

ダイモンジソウの開花

ダイモンジソウの開花

…なぁ~んと可愛らしい花姿!

これはハマりそうである!

ダイモンジソウは【食わず嫌い】

…これまでの私には、ダイモンジソウは【食わず嫌い】な品種だった。園芸書やガーデニングのサイトで【ダイモンジソウ】【育て方】を見ると決まって【冷涼な岩場の環境でよく育つ】という記述があり、それが育てようというこちらの気持ちにハードルを作っていたのだ。

【冷涼な岩場の環境】なんて、どこにもないよっっ

そして、ネーミング。【ダイモンジソウ】という語感が、正直【クリスマスローズ】のようなネーミングに惹かれてしまう筆者の心を捉えることは、なかった…ダサイ、と。

さてこのダイモンジソウの鉢は心を入れ替えて購入した訳ではなく、友人の親戚がなくなり、その方のコレクションが余ってしまったということで分けてもらった次第である。
難しそうだがダメもとで育ててみようと、
真夏は日陰において朝早くジャブジャブに水遣りをすれば意外にもこの艶々した葉は、日々ご機嫌でいてくれた。

こうなると逆に、暑苦しい夏に清涼感をもたらすかわいいヤツ!と思える。
そして10月、24節気でいうところの【霜降】のこの時期に、
二鉢が開花してくれた次第である。

 

セセラギソウ、と名付けてみる

こちらは、少し遅れて開花した薄紅色のダイモンジソウである。

今や私の中ではこの愛くるしさは【セセラギソウ】とでも名付けて、その育ってきた美しい環境を想起させるべきだと思っている。ヘレボルスがクリスマスローズになったようにダイモンジソウ→セセラギソウ。いいんじゃないか?いいんじゃないか?!
来春には、
この草花でロックガーデンにチャレンジしてみたいものである!

植物男子TaiChi

ポチッと、お願いいたします~!
にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村