梅雨入り前に…【ウエストリンギア】の切り戻し

6月上旬が切り戻しの適期

我が家のウエストリンギアは5月中に、開花の最盛期を迎える。
オーストラリア原産ならではの細葉に小さな薄紫の花が無数に咲いてとっても涼やかな印象。

そしてこの時期のウエストリンギアは、枝葉もぐいぐい伸ばす。

なので5月~6月上旬(遅くても6月中には)花を愛でたら梅雨入り前にしっかり切り戻してやるのが良い。

切り戻し前の鉢植えのウエストリンギア

切り戻し前の鉢植えのウエストリンギア

雨ざらしにしていたので、枯れ枝、枯れ葉が多い。

よくみると、枯れ葉、傷んだ葉が多い

よくみると、枯れ葉、傷んだ葉が多い

一方、5~6月のウエストリンギアはたくさんの新芽をつけている。新芽を見つけて、新芽の少し上で切る。

枝の長さの半分くらいまで切り戻すつもりで。下葉が枯れてなくなっていたら、残りの葉っぱが半分は残るようなイメージで剪定。

切り戻した後は、こんな感じ。

【ウエストリンギア】切り戻した後

【ウエストリンギア】切り戻した後

関連記事:何とかなる⁈【ウエストリンギア】の育て方チェック

うまく育ちますよう…🌿
植物fan.TaiChi

ポチッと、お願いいたします~!