黄色の和バラといえば…!【天津乙女】このバラが欲しい!

黄色の和バラといえば【天津乙女】

黄色の和バラといえば【天津乙女】京都府立植物園 バラ園にて☺️イイネ

1960年に誕生したバラが、今でも各地で栽培されているというのは、よほど美しく強いバラなのだろうと想像してみる😌

バラ【天津乙女】とは

【和名】天津乙女
【英名】Amatsu Otome
【系統】ハイブリッド ティー (HT)Hybrid Tea
【花の大きさ】中輪 (花径11cm)
【花の色】黄色にオレンジ色のボカシ
※開花するにつれ、薄れていきます。

【花の形】剣弁高芯咲き
【香り】 微香
【咲き方】 四季咲き
※他の花に先駆ける早咲き品種

【樹形】半横張り
【樹高】1.2m
※樹形はコンパクトにまとまりがよく、枝が堅く充実しやすい。
【作出国】日本

咲き進むにつれ、花の色が薄まっていく。

咲き進むにつれ、花の色が薄まっていく。

【作出者】寺西 菊雄
【交配親】Chrysler Imperial × Doreen
【作出年】1960年

※花つきがよく強健で、鉢植えにも適している。

このバラ欲しいなぁ~😌イイネ
植物fan.TaiChi

ポチッと、お願いいたします~!