まさに果実のよう…【フリュイテ】このバラが欲しい!

名は体を表す

『フリュイテ』の名は、フルーティ、の意味なんだそうで。

バラ【フリュイテ】京都府立植物園 バラ園にて☺️イイネ

バラ【フリュイテ】京都府立植物園 バラ園にて☺️イイネ

アプリコット色から周辺が赤く色づいていく様が
『フリュイテ=フルーティ』のイメージにぴったりですね~🍊🍎🍓

バラ【フリュイテ】とは

【和名】フリュイテ
【英名】Fruite
※フランス語で「フルーティな」という意味
【系統】FL フロリバンダ
【花の大きさ】中輪 (花径8~10cm)
【花の色】杏色から次第に鮮やかな朱色に色づく
【花の形】半剣弁高芯咲き 八重咲き
【香り】 微香 ティー香
【咲き方】 四季咲き
【樹形】木立性 半横張り性
【樹高】1.2m

分枝が多く樹形は低くコンパクトに収まり、鉢植えにも適する

分枝が多く樹形は低くコンパクトに収まり、鉢植えにも適する

【作出国】フランス
【作出者】Meiland
【交配親】不明
【作出年】1984年

このバラ欲しいなぁ~😌イイネ
植物fan.TaiChi

ポチッと、お願いいたします~!




ABOUTこの記事をかいた人

植物&庭園が大好きなサラリーマンガーデナー。植物たちの育て方を学び、第2の人生は手作りの庭で植物たちに囲まれて四季を感じながら過ごし、人生を終えたい。 さてその庭は、和庭か?イングリッシュガーデンか?場所は?日本?海外?…悪戦苦闘、ドタバタボタニカルライフに多少なりとも共感していただける方はぜひブログを御覧になってくださいませ。