【黒法師の育て方】睨んだまんま…

 

コイツとの付き合いは、

まだ4ヶ月だ。

若いカップルなら

アッツアッツの時期だろうが、
俺達のつきあい、
そう、

【植物男子と黒法師の4ヶ月】は、

不毛なにらみ合い期間だったのだ!


黒法師…アエオニウムの一種。
別名サンシモン。
それにしても【黒法師】とは

個性的な名前をつけられたものだ。

 

というか、よくこんな名前で

人気者になれたなぁ!
【夏場の過ごし方】
半日陰に置いて、水はほぼやらない。

これを断行できるかどうか?
…で、ひとまず、ひと夏は乗り切った!
夏場の黒法師。まさに黒法師!

【夏の水やり】
兎に角水をやらない努力、なんてあったのだと知った。

この夏、これらの多肉植物と出会ったことで。
ベンケイソウ科アエオニウム属
原産地モロッコ
モロッコ?半分砂漠?
そりゃぁ水イラナイな!
…くらいのイメージで。
【秋の植え替え】
室内に取り込む前に、鉢が小さなプラ鉢だったので、

植え替えをしてやった。


葉が緑色に変わってきている。

成長期の証拠だ。

 

ちなみに土は、

乾きやすい多肉植物用の園芸土。
肥料はなくていいくらいだそうだ。

置き肥を一粒、にしておこう。
【冬の管理】
さて冬の管理だが、
5℃以下では枯れる。

霜にあたっても枯れる。

 

冬越しは室内でしかできない。…ってホントか?!
皆さんのサイトでは

屋外冬越しできた!という話をよく拝見するが…
一応マニュアルを真に受けて室内に入れた。

 

まだ株も小さいし、

チョット過保護気味に育てるとするか。
【秋冬春の水やり】
これが一番迷うところだが、

まずルールを決めないと調整のしようがない。
土日のどっちかと、水曜日の

【週2回の水やり!】と決める。
この時期、下葉がシケシケに縮んで落ちてくる。

これは成長期の特徴で、

 

上に上にと育っていく為に下葉を落とす、そういう時期らしい。

新しい葉も生えてきている?かな?

季節が変わって、【彼】の違う一面をみた、ってトコだ。

【彼】を良く理解し、長いつきあいをしたいものだ。

 

植物男子Taichi

 

 

ポチッと、お願いいたします~!

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

 

 

関連記事:

【アエオニウム 黒法師】冬が成長期!

 

JUGEMテーマ:ガーデニング

 

関連キーワード:多肉植物,育て方,黒法師,サンシモン,植替え,水やり,夏越し,冬越し,原産地,モロッコ,落葉,葉が枯れる,