個性的な彩りのグランドカバー❗️君の名は?

セダムのようなグランドカバー

夏の終わりに、
兵庫県・伊丹空港で見かけた、個性的でシャレたグランドカバープランツ😊

苞?の部分が赤く色づいている…

苞?の部分が赤く色づいている…

紅葉しかけているのか?
君の名は?

ユーフォルビアの
【クラリスハワード】若しくは
【フェンスルビー】だろうな。

花が赤くなって【ルビー】の様なので、
その様子から
ユーフォルビア【フェンスルビー】と断定致します😅

ユーフォルビア【フェンスルビー】とはどんな植物?

ユーフォルビア キパリッシアス ‘フェンスルビー’
Euphorbia cyparissias ‘Fens Ruby’

マツバトウダイの園芸種で、フェンスルビーとも呼ばれる品種。芽吹き葉(新芽)が赤みがかってシックなワインレッドにそまります。

細く小さな柔らかい葉が密につき、
地下茎で広がるように良く殖えます。ボリュームのある姿でグランドカバーの役割を果たします。

春には小さな黄花を散らすようにたくさん咲かせます。

寒性抜群の常緑宿根草(多年草)。乾燥に強くとても丈夫で暖地では戸外でも越冬します。冬季半常緑~落葉種です。

【科・属】トウダイグサ科
【原産地】ヨーロッパ
【花期】春~夏
【草丈】10~40cm
【耐寒性】強
【耐暑性】中
【日照】日向

ユーフォルビア【フェンスルビー】〖育て方〗

過湿を嫌うので、日当たり、水はけ、風通しのよい場所で乾かし気味に育てます。

水のやりすぎで根腐れを起こさないように注意しましょう。特に梅雨期から多湿からくる蒸れには気をつけます。株元は風通しよく管理します。
夏は半日陰くらいの場所で。

暖地では戸外でも越冬しますが小さな苗のうちは寒さよけをした方が安心です。
姿が乱れてきたら適宜刈り込んでください。

高温多湿が苦手なら、
我が庭の地植えはちょっと難しそう…😅

植物fan.TaiChi

Pocket
LINEで送る




ABOUTこの記事をかいた人

植物&庭園が大好きなサラリーマンガーデナー。植物たちの育て方を学び、第2の人生は手作りの庭で植物たちに囲まれて四季を感じながら過ごし、人生を終えたい。 さてその庭は、和庭か?イングリッシュガーデンか?場所は?日本?海外?…悪戦苦闘、ドタバタボタニカルライフに多少なりとも共感していただける方はぜひブログを御覧になってくださいませ。