【京都 花の旅】詩仙堂&カフェ

JUGEMテーマ:深まる秋

『はい、詩仙堂はこちらです、、10秒!』
警備のおじさんの明るい声が坂の真ん中で響く。
確かに、警備のおじさんのスグそばに、詩仙堂の門があった。

そう、私は京都市左京区 の名刹【詩仙堂】にやってきたのだ。
私が見たかったのは勿論、紅葉もあるが…
【赤い実フリーク】【赤い実フェチ】もしくは【赤い実LOVER】の私の本当の目当ては

【センリョウ】【マンリョウ】なのだ!

そんなものはどこでも見られると言ってはいけない。

江戸時代に造営された建築、庭園の中でその赤い実がどうデザインされ、この紅葉の時期にどう趣深く【添えられて】いるか、

興味深いことこの上ない!
…詩仙堂へは【叡山電鉄一乗寺駅】で、下車。

 


 

ここに石碑が…


【石川丈山先生旧蹟 詩仙堂】と、ある。
※石川丈山は 江戸時代初期の文人にして詩仙堂の開基。

もともとは徳川家の家臣で、大坂夏の陣後、様々あって丈山となって文人として過ごしたそうな。

59歳の1641年(寛永18年)に詩仙堂を造営。

この詩仙堂、現在は丈山(じょうざん)寺と号する曹洞宗のお寺。
 

一乗寺の駅からは1本道。

白川通を越えて坂道を上がって…テクテクと10~20分。

 

…さて詩仙堂の中へ!

 

 

庭園へのアプローチo(^-^)oワクワク

500円を支払って…中へ入ると…

 

WOW!!!

 

 

【ほぼ見頃】の紅葉が素晴らしい!


 

作庭したのも、石川丈山本人なんだそうだ。

 

 

 

 

高低差のある土地を上手く使っていると思う。

下に降りると、

ススキの配置が趣深い!

 

目線を下にやると、

見事な紅葉の添え物として佇んでいる【赤い実】たち。


センリョウ

 

 

マンリョウ

 

 

 

センリョウの開いた感じより、私は寧ろ

マンリョウの細い1本の枝からポツポツと下向きに放たれる

【赤の侘び】が好きである。

 

日本の歴史と風土と共に生きてきた

和風庭園の赤い実たち。

必ずマッチするはず。

うまく、取り入れてみたい!

 

ちなみに一乗寺のランチは

駅からスグのカフェ「つばさ」で

¥850のランチがオススメ~

 

 

大きな窓が開放的、

店内は木の香りが漂って癒されます。

めちゃめちゃヘルシーで美味しいランチでしたよ!

 

 

関連キーワード:

京都,観光,旅行,旅,お寺,詩仙堂,行き方,花,千両,万両,センリョウ,マンリョウ,紅葉,見頃,

 

京都の旅:萩のお寺で見たものは…コチラ!