明るくて地味?【フィリフェラオーレア】の育て方

ヤマボウシの株元の3種

Myナチュラルガーデンのシンボルツリー、ヤマボウシ。
秋の紅葉も中々のもの。癒されます…

そのヤマボウシの株元に、

◎アメリカイワナンテン
◎ローズマリー
◎フィリフェラオーレア

この3種を【根締め(グランドカバー)】として植え付けている。

どれも丈夫な常緑植物で、Myガーデン開始以来の長~い付き合い。

今日の話題は【フィリフェラオーレア】

【フィリフェラオーレア】は、丈夫とはいえ油断すると下葉が枯れ込む。
植え付けた場所に日が当たりにくいと尚更である。
↓↓↓↓↓

先週末…時期的に剪定にはあまり相応しくないが、枯れ込んできた内側の枝と枝先を多少刈り込んだ。

枝先は、手先でとれるのでハサミを使わない。
コニファー(針葉樹)類はハサミの鉄分を嫌う、とよく聞くからだ。

フィリフェラオーレア覚書

●人気のコニファー(針葉樹)
●ヒノキ科ヒノキ属
●『オーレア』はラテン語で『黄色、金色、黄金色』の意味
●日本原産のサワラの品種。年間を通じて黄金色の枝垂れた葉をもつ。
●日当たりを好むが乾燥に弱い。
●基本剪定は春先(3月アタマ)が良い。 徒長枝、枯れ枝の軽い剪定は随時。
今やあちこちの公園や道端で見かけすぎて、

寧ろ地味な植物のグループ入りっぽいフィリフェラオーレアだが、
その役割感=草花が不足しがちな真夏や真冬でも
確実に明るくボリュームキープしてくれる《燻し銀》な存在のフィリフェラオーレア。
オススメです(*^^*)*^^*)

植物ファンTaiChi