俯きがちの伯爵夫人【コンテス ドゥ セギュール】が美しい!

見るからに丈夫そうなバラ

夏越しをようやく終えた?大阪・中之島公園のバラ園で、ワッサワサに繁っていたのがこのバラ。かなり丈夫なのではないかな⁉️

【コンテス ドゥ セギュール】@中之島公園 バラ園

【コンテス ドゥ セギュール】@中之島公園 バラ園

ラベンダーピンクの花弁が重なるロゼット咲き。しなやかに伸びた枝の先に房咲きでたわわに咲く。耐病性が強く花傷みも少ない。繰り返し良く咲く。ローズの香りに、ベースはフランボワーズなどフルーツ香。ファンタジー作家、セギュール伯爵夫人に捧げられたバラ。
※デルバール社サイトより抜粋

 

【コンテス ドゥ セギュール】とは

【和 名】コンテス ドゥ セギュール
【英 名】Comtesse de Ségur
【系 統】S シュラブ【花の大きさ】中~大輪 (花径8cm)
【花の色】ピンク
【花の形】ロゼット咲き

【コンテス ドゥ セギュール】

【コンテス ドゥ セギュール】

※淡桃色の花はロゼット咲きで花の中心部はやや色が濃い、数輪の房咲き。
ややうつむいて咲くので高い場所でも映える。

【香 り】 中香 香質:ティー香
【咲き方】 四季咲き 繰り返し咲き
【樹 形】シュラブ樹形 半直立性 横張りタイプ
【樹 高】1.4m

※日本では小型のつるバラとして扱うほうが良い。
庭植えで楽しむのならば冬季剪定では樹高の1/2位を目安に切り戻すと自然樹形となるが大きなスペースが必要となる。

【コンテス ドゥ セギュール】

【コンテス ドゥ セギュール】@中之島公園 バラ園

【作出国】フランス(デルバール)
【作出者】G. Delbard
【交配親】(Zambra × Orange Sensation) × (Robin Hood {HT} × Virgo)
【作出年】1994年



【コンテス ドゥ セギュール】園芸家の評判は?

 

花もち、花付き◎ボリュームがあって豪華

ステムが長くて、まとまりは悪いかなぁ、、、。
お花は華やかで美しく、
花持ちも良いので、長く楽しむ事ができます。

緑の照り葉も丈夫で、何より病気に強く、健康的な薔薇です。ただ、元気過ぎて(シュラブですし)、枝が自由にあちこち伸びていきます。

ステムが長くて《暴れる》くらいによく咲く…中之島公園では、《ナエマ》と似たように並んで、シュラブらしい仕立てになってました。

このバラ欲しいなぁ~
植物fan.TaiChi

ポチッと、お願いいたします~!

Pocket
LINEで送る




ABOUTこの記事をかいた人

植物&庭園が大好きなサラリーマンガーデナー。植物たちの育て方を学び、第2の人生は手作りの庭で植物たちに囲まれて四季を感じながら過ごし、人生を終えたい。 さてその庭は、和庭か?イングリッシュガーデンか?場所は?日本?海外?…悪戦苦闘、ドタバタボタニカルライフに多少なりとも共感していただける方はぜひブログを御覧になってくださいませ。