庭作り【ヘデラの活用法】

仕事にて久々の東京、表参道。秋風が強い…
私はここに来ると必ず【緑の壁】で和む。
↓↓↓↓

この【緑の壁】で【ヘデラ】が相変わらず渋い色で活躍中!である。
秋風になびきながら、このまま平然と冬を越すのだろう。
我が【ナチュラルガーデン】でもヘデラは欠かせない。

真冬でも、この通り。頼れる常緑!いつの間にかそこら中に枝葉を伸ばして映り込んでる。

ミセバヤの下にも…

ウチでは複数の品種を生やしていて、その使い方は3通り。

1狭い庭のコンクリート壁に這わせる→勝手によじ登っていく。

塀を越えたらマメに切り戻し!
冬は、ナツヅタがなくなってこんな感じに…

2バランスを見て、バラとあわせて大鉢に入れる。

内側の鉢は、極小のミサキローズ

こんな風に見える。株元にヘデラが…

↓↓↓↓

3地面に放置

放置すると、壁であろうと地面であろうとやはり勝手に伸びまくり、増えまくる。こちらの思うようにはならない。

宮崎駿作品【借りぐらしのアリエッティ】でおなじみのヘデラ
【オカメヅタ】は、大きい上に特に良くツルを伸ばす。

下手をすると【オカメヅタの家】になる勢いなのだ。
オカメヅタに関しては正直、御しきれなくなった所があって
そこは根こそぎ【退場】してもらった。

以上、我が庭のヘデラ。

ナツヅタよりはマシだが、侮るとロクな事はない。マメに手入れをして、上手くつきあってやりたい。

植物ファンTaiChi