イングリッシュローズ【リッチフィールド エンジェル】このバラが欲しい!

天使のバラ!

【リッチフィールド エンジェル】@中之島公園 バラ園

【リッチフィールド エンジェル】@中之島公園 バラ園

リッチフィールド エンジェルとは、イギリスのリッチフィールド大聖堂で最近になって発見された、8世紀ごろライムストーンに彫刻された天使のことです。

【リッチフィールド エンジェル】とは

【和 名】リッチフィールド エンジェル(レッチフィールドエンジェル)
【英 名】Lichfield Angel
【系 統】S シュラブ
【花の大きさ】中大輪 (花径8cm)
【花の色】クリーミーアプリコット
【花の形】ロゼット咲き
クリーミーアプリコットの花は、咲き進むに連れて花びらが反り返り、やわらかいクリーミーホワイトのドーム状になります。
【香 り】 微香~中香
香りは微香ですが一時的に強いクローブの香りがします。
【咲き方】四季咲き
【樹 形】半つる性 シュラブ樹形
【樹 高】1.3m
【作出国】イギリス 
【作出者】David Austin
【交配親】実生×実生
【作出年】2006年




【リッチフィールド エンジェル】園芸家の評判は?

イングリッシュローズ【リッチフィールド エンジェル】

イングリッシュローズ【リッチフィールド エンジェル】

色はクリーミーアプリコット、香りは微香で一時的に強いクローブの香りがすると紹介されている。実際の花は咲き初めの色は少し濃いめだが、色はほぼクリーム色~オフホワイトという印象。また、クローブの香りはこれまでのところ確認できていない。

香りは少ないですが
花もちはいい方のように思います。

今年も、他のバラより少し遅れて咲き初めたリッチフィールドエンジェル。見ごろは5月下旬くらい。隣のルドゥテが、見ごろの短いバラなので、本当はもう少し早く咲くとよいのだが。

ディープカップから始まり、ロゼット咲きに。鉢植えで年4、5回咲いてくれます。病気にも結構強いです。気温が高いときはクリーム色に、寒いときは少しピンクっぽくなります。開き切ると白色へ。1年を通して楽しめる品種です。

このバラ欲しいなぁ~
植物fan.TaiChi

ポチッと、お願いいたします~!

Pocket
LINEで送る




ABOUTこの記事をかいた人

植物&庭園が大好きなサラリーマンガーデナー。植物たちの育て方を学び、第2の人生は手作りの庭で植物たちに囲まれて四季を感じながら過ごし、人生を終えたい。 さてその庭は、和庭か?イングリッシュガーデンか?場所は?日本?海外?…悪戦苦闘、ドタバタボタニカルライフに多少なりとも共感していただける方はぜひブログを御覧になってくださいませ。