新芽フェチの垂涎…【スノードロップ】育て方

紅葉が終わる頃にはもう、クリスマスローズの蕾があがりはじめてそちらに目が向かいがちなんだけど…新芽フェチにはたまらん!のが、このスノードロップ!


まさに垂涎=ヨダレモノ、なのである!
この【スノードロップ】、国内市場に出ているのは主に2種だが、ニヴァリスよりもエルウェシーがオススメ。理由は簡単で、ニヴァリスは2年でダメにしてしまったが、
エルウェシーはずっと育っている。 可愛さでは負ける大ぶりのエルウェシーだが、間違いなくエルウェシーの方が球根らしく丈夫に育ってくれる!…と、思っている。。

【スノードロップの水やり】
今年、スノードロップの育て方を間違えたのが、夏場の水やりを控えすぎたこと。乾燥のさせすぎは良くない。ただ、エルウェシーは乾燥にも強いらしいので期待!

【スノードロップの花言葉】
スノードロップは人にプレゼントしにくい。という定説をご存知だろうか。花言葉がなんと【あなたの死を望む】なんて言葉なんだそうだ。(°°;)マジ?

植物男子TaiChi