スズランの花が咲かない《原因》

スズランの白い花が、例年に比べて少ない…。

鉢植えの頃は絶好調!

ウチのは、ヨーロッパ原産のドイツスズラン。

小さな鉢植えのスズランを購入して、数回の植え替えを経て
花の数を徐々に増やしてたんです。

じゃんじゃん株元に生えてくるタチツボスミレも意に介さず?
株はどんどん増えていき、鉢がパンパンになってきました…
なので、このスズランの大株を露地植えにしてみました。

※植え付けは花後の6月、もしくは10月。

その後、春になるとニョキッ!と花芽を出し…

美しい!スズラン最高!と思っていたのですが、
徐々に花数が減ってきたのです。

スズランの育て方のポイント

夏の直射日光はよくない。葉が痛んだりすると花が咲きにくくなる。
が、植え付け場所が暗すぎても花が咲きにくい。なので明るい半日蔭で育てる。
乾燥しすぎもダメ。

ウチの場合、朝だけは直射日光が当たるんですが、真夏の朝日は強烈です。
それがよくないのかな?

もう一回、鉢上げしようかと。

露地植えにして3年目の5月。
もうスズランの花はまったく期待できません。

花が咲かなくなってしまった露地植えのスズラン

花が咲かなくなってしまった露地植えのスズラン

日当たりのほかに考えられるのは、

◎株の近くにモッコウバラやヤマボウシのような強靭な株が植えられていること。宅地の土がガチガチで根を伸ばせず、ほかの強靭な株の根っこに勝てないということかも。

◎乾湿が極端で、肝心の芽生えの頃に乾燥しすぎていること。

くらいですかね…
もう一度、鉢上げしようと思います。

植物fan.TaiChi

ポチッと、お願いいたします~!

Pocket
LINEで送る




ABOUTこの記事をかいた人

植物&庭園が大好きなサラリーマンガーデナー。植物たちの育て方を学び、第2の人生は手作りの庭で植物たちに囲まれて四季を感じながら過ごし、人生を終えたい。 さてその庭は、和庭か?イングリッシュガーデンか?場所は?日本?海外?…悪戦苦闘、ドタバタボタニカルライフに多少なりとも共感していただける方はぜひブログを御覧になってくださいませ。