俯きがちなのがカワイイ【シスターエリザベス】このバラが欲しい!

バラ【シスターエリザベス】 の【シスター】とは?

バラ【シスターエリザベス】@中之島公園バラ園

バラ【シスターエリザベス】@中之島公園バラ園

ボタンアイがチャーミングな小ぶりのバラです。

南ウエールズのウィットランドにある、
ホリー・クロス修道院のバラ愛好家の尼僧
“シスター・エリザベス” にちなんで名づけられたそうな。

※『ボタンアイ』とは
ロゼット咲きの重なり合った花びらが開いていくと、花の中心付近の花弁が更に内側に向かって巻き込み、その姿がボタンのように見えることから「ボタンアイ」と呼ばれています。
多くのイングリッシュローズは交配親にオールドローズを使っているので、花芯がボタンアイになる品種が多数あります。

バラ【シスターエリザベス】とは?

【和 名】シスターエリザベス
【英 名】Sister Elizabeth
【系 統】S シュラブ
【花の大きさ】中輪 (花径12cm)
【花の色】ライラックピンク オールドローズに似た趣。
【花の形】ロゼット咲き
※中心にいくほど濃い花色になる美しいロゼット咲き。
【香 り】強香 スパイシーなオールドローズの芳香がgood
【咲き方】四季咲き
【樹 形】シュラブ樹形 (横帳タイプ)
横に広がるタイプで、弓なりに枝が広がります。

バラ【シスターエリザベス】

バラ【シスターエリザベス】

【樹 高】0.8m
【作出国】イギリス
【作出者】Davit Austin
【交配親】実生 × 実生
【作出年】2006年
【病害虫】うどんこ病、黒点病に注意
【用 途】鉢植え、花壇

【シスターエリザベス】園芸家の評判は?

ボタンアイが花のセンターにあり、完璧なロゼット咲きで
甘く、スパイシーなオールドローズ香があります。
ボーダー花壇の前面に最適。宿根草とのコンビネーションも絶妙です。
鉢で育てるのも一考です。

コンパクトで繰り返し良く咲く「シスター・エリザベス」
鉢植えで年5,6回咲きます。8月下旬と秋の花も花数多めで中輪、花弁数も1番花に近い状態で咲いてくれることが多いです。

植物Fan.TaiChi

Pocket
LINEで送る




ABOUTこの記事をかいた人

植物&庭園が大好きなサラリーマンガーデナー。植物たちの育て方を学び、第2の人生は手作りの庭で植物たちに囲まれて四季を感じながら過ごし、人生を終えたい。 さてその庭は、和庭か?イングリッシュガーデンか?場所は?日本?海外?…悪戦苦闘、ドタバタボタニカルライフに多少なりとも共感していただける方はぜひブログを御覧になってくださいませ。