【オリーブの育て方】1月~2月の剪定

遅蒔きながら…
新年、おめでとうございます!

 

2017年は更なるナチュラルガーデンの知識を吸収&実践し、

老若男女問わず楽しめるガーデニングの

普及促進につとめたいと思います\(^^ )
さて2017年最初に取り上げるのは…!

【オリーブの木の剪定】
日本(暖地)でオリーブは、
年末から休眠期に入り、
3月中旬から新芽が吹き始めます。

思いっきり剪定するなら、休眠期の今(1月~2月)が適期。
芽吹く手前の2月が最適らしい
が、

個人的にはそんなに気にしなくてもいいと思ってます\(^^ )
また、 オリーブはそもそも丈夫な木ですから、

ちょっとした剪定なら時期を気にしなくても大丈夫!
さて私が育てているオリーブは
【シプレッシーノ】と、
【ネバディロブランコ】の2種。
今日は【ネバディロブランコ】の1鉢を剪定してみよう。

 


鉢で育ててもう7~8年になるこのオリーブ。

一度、根が【コガネムシの幼虫】の被害にあって枯死寸前?となったが

何とか乗り越え、今は大き目の鉢でゆったりと育ててます。
ネバディロブランコは、オリーブの中でも特に

横に広がりがちなのがやや難点。
 

今回の剪定での心得は…以下の3点。
◎枝先を均等に切るのは駄目→残せる花芽は残す。
◎ホウキ形のイメージで切るところを大体決めてかかる。
◎枯れ枝、向きがおかしな枝は切る。

…というわけで、
before

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

after


剪定した枝はコレ。剪定ばさみでサクサクと。

この時期、挿し木は成功しないでしょうから、この枝は処分。

 

他の鉢も、2月中に強剪定の作業します。
さて、このオリーブ、今後の予定は…

 ◎1月には寒気にしっかり当てる(花芽の育成)
 ◎2月には寒肥
 ◎3月には植え替え、植え付け
 ◎春には憎き害虫対策【大事】

…忘れないように!
植物男子Taichi
関連キーワード:ナチュラルガーデン,オリーブ,ネバディロブランコ,種類,育て方,開帳性,剪定,強剪定,時期,剪定ばさみ

 

関連ページ:

 

真夏のオリーブ 《摘果 害虫…》

 

異変?! 【オリーブの育て方】@GW

 

【オリーブの育て方】10月の秋肥

 

【害虫】コイツだけは許せない!

 

ポチッと、お願いいたします~!

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

 

 

JUGEMテーマ:ガーデニング