【シリーズ赤い実】冬を彩る3選

花の少ない冬の時期。それだけにより一層赤い実の美しさに惹かれます。街角でちらっと見かけるだけでも、まだまだ知らない【冬に赤い実がなる品種】がい~っぱいあると思います。

先月、近所のスイーツカフェで席待ちをしていた時に、
う、美しいな~!と思わず激写!した3枚をご紹介。まずは、これ。

ハクサンボクの赤い実

ハクサンボクの赤い実

ハクサンボクの赤い実

これはメジャーですよね。
【ハクサンボク(白山木)】

耐寒性がイマイチなこともあって、西日本中心によく見受けられる。
ガマズミと違って、常緑樹。艶のある葉も美しく、別名「山照らし」と呼ばれる所以なのだそうな。

続いては…

アロニアの赤い実

アロニアの赤い実

アロニアの赤い実

深みのある赤が渋い!これは【アロニア(チョークベリー)】

バラ科の落葉樹。耐暑性、耐寒性共に十分!ベリーと名乗るが、赤い実は食べられない。
株立ちの低木は、狭い庭のシンボルツリーにいいかも。

そしてもう1本。

ナナミノキの赤い実

 

ナナミノキの赤い実

ナナミノキの赤い実

こいつは【ナナミノキ(七実の木)】

七色の実がなるわけではない。モチノキ科の常緑樹。高木。これも西日本中心の庭木。ほっとくと大木になるそうだ。

皆様いかがですか?
こう並べてみると、赤い実の成り方も3種3様で面白い!と、感じた私でした。

植物男子TaiChi

関連記事:秋の【赤い実】に癒される。