adsbygoogle

 

拙宅の庭ではもはや欠かせない、

【ナチュラルガーデン】のレギュラーメンバー。
露地植えにしている、【ラバンディン系のラベンダー
である。




昨年末に強剪定したラベンダーの枝から
新芽が出てきている\(^^ )

 

関連ページ:2016最後のガーデニング!【ラベンダーの剪定】


今月の【趣味の園芸】に掲載されている

ラベンダーの剪定方法によると、

真夏や真冬でなければ剪定で枯らすことはなさそう。

初冬にラベンダーを剪定してない人は

3月中に切り戻すのが良く、

これ以上新芽が出てくる前の【今

株姿を整えられる最後のチャンス!

ちなみにこのラバンディン系は

冬も夏も強い。
強過ぎることが欠点とさえ思えるほどよく茂るし、

近隣の植物を駆逐しそうになるので要注意。

 

関連ページ:

茂りすぎたラベンダー → 倒れる。

寒い中、庭にて強剪定、切る、切る。

それから…3月4月は

ラベンダーの植え替え適期ウチには鉢植えのラベンダーもあるが、

まだ植え替える必要はなさそう。
花期が待ち遠しい!

植物男子Taichi

 

JUGEMテーマ:ハーブ

《楽天市場》

 

本日の気温5℃〜13℃

風が肌寒かくて体感温度はもっと低い!


さて、春分の連休を終えたこの頃

クロッカスの花はこれにて終了。

 

 

 

冬場からの球根植物開花リレー
スノードロップ→クロッカス→スイセン
を愉しんでいる。
この3種は、どれも手がかからず

確実に美しい花を咲かせてくれる【保険植物】といってもいい。

 

クロッカスは、拙宅では雛祭りの頃満開になり

 

春分の頃に終わる。

 

【育て方のポイント】
1.芽が出たらしっかり日に当てて、咲きかけたら軒下に。
 ●鳥に花を全部摘まれたことがある→軒下推奨
 ●雨で花が痛みやすい。短い花期を楽しむ為にも→軒下推奨。
2.花後、葉を枯れるまで切らずに、液肥を与えて球根を育てる。

 

春の球根リレーは初心者に超オススメ!

 

植物男子Taichi

 

 

関連ページ:

庭に植える?スノードロップ

新芽フェチの垂涎…【スノードロップ】

 

関連キーワード:クロッカス,球根,育て方,水やり,肥料,

 

JUGEMテーマ:花の有る暮らし

 

 



 

 

【カレープラント】は相当付き合いの長い植物である。

拙宅の玄関で、独特のカレーの香りをただよわせているのだ。

少しの手間で相当長持ちするので

つきあいやすいのだが、
このカレープラントをあちこちで見かけないのは、

その【少しの手間】をかけないと

徒長しただらしない姿になるからだろう。

要するに【少しの手間】とは

【しっかりとした切り戻し

【蒸れを避ける】ということだ。

切り戻した枝は挿し芽で簡単にスタンバイ用の苗にできる。

 

いつ、何をミスったか
よく覚えていないのだが…

鉢植えのカレープラントの見映えが、

相当悪い。

 

株は元気そうなのだが、
下葉がチリチリで回復しそうにない。

よってシルバーリーフ独特の

美しさが、残念ながら感じられないのだ。

この時期のカレープラントは

切り戻しの適期ではないが…
よくよく見ると

脇芽が株元から結構出ている!

 


 

なのでこの際、

バッサリ!と切り戻してやった。

 


 

低温には強いカレープラント、

意外とこの時期の強剪定にも対応するのでは?見物である!

植物男子Taichi

 

JUGEMテーマ:ガーデニング

 

 

たった1本の枝を残すのみとなった、
【コーカサスキリンソウ】
ポッドに鉢上げして、
冬を越した。

 

鉢上げした時は、こう。(11月半ば)



今の様子は、こうである。

 

一見、枯れてしまったように見えるが、

よ〜く見ると…

 

小さな脇芽が出ている。

そして、株元からも新芽が。

 

復活フェチにはたまらない光景!


多少凍って粒が粉砕してしまったのか、
赤玉土が原形を留めていない。


蒸れがコーカサスキリンソウの大敵なので
植替えもどこかで必要だが

今のところ水はけは悪くないので

このまま軒下で春の日差しにあて、様子を見る。

植物、ダイスキ。

植物男子Taichi

関連ページ:

コーカサスキリンソウの復活劇

【コーカサスキリンソウの育て方】気をつけるのは1点

 

JUGEMテーマ:多肉植物 

 

まだ、拙宅にやってきて1年たたない、コエビソウ

昨年の夏はこんな感じで、可愛らしい鉢植えに。

 

 

 

 

屋外で冬越しをした結果、こうなりました。

 

 

見た目が、か〜なり悪い笑

 

調べてみると、コエビソウは

15度以上あれば周年開花。

普通に冬越しすれば地上部は枯れる。

 

なるほど、確かに!

真冬の2月に大阪・咲くやこの花館で見たコエビソウは
こんな様子。

 

もうガンガンに満開!てな感じで拙宅のとは大違い。

 

拙宅の枯れたコエビソウは、

よく見ると新芽がついてます。

 

 

株元にも芽があるので、2〜3回に分けて株元から切り戻し

わさっと枝分かれしてボリューム感のある仕立てに

なって欲しい!

がんばれコエビソウ!

 

植物男子Taichi

 

関連ページ:

癒しの小さな花〖コエビソウ〗めっちゃ良いのに知らなかった…

復活はまだか?コエビソウ(ベロペロネ)

 

JUGEMテーマ:ガーデニング

 

 

 

春の陽気、というには

まだまだ朝晩は冷え込むが…
拙宅のアジサイの芽が動き出した。

 

鉢植えのアジサイ(ハイドランジア)。
植え付けるなら、今のウチ!

 



西側の空地で位置を決めて…

 


 

元々は子供の【砂場】扱いで真砂土。
ピートモスやパーライトなどを混ぜた園芸土をタップリ仕込む。

 

アジサイは土の酸度に影響を受けて色が変わる、というが

このハイドランジアは元々くすんだ紫色。

土をアルカリ性にする必要もなかろう。

植え付けて、水をタップリ遣りました。
柏葉アジサイもアナベルもいいんだけど、

雨で花首がへしゃげてしまうのが難点。

その点、昔なじみのハイドランジアに

一日の長あり!オススメです。

 

 

植物、ダイスキ。
植物男子Taichi

 

関連サイト:趣味の園芸!ガーデニング・アジサイの育て方

 

JUGEMテーマ:花のある暮らし 



 

3月半ばになって、

昼間は完全に春の陽気。

今日は、午後から

【シマトネリコの剪定を行いました。

 

兎に角、植え場所の大小に関わらず

大きくなるシマトネリコ。

成長期に入る前に或る程度切っておくと

オンシーズン中の剪定が若干ラクにはなるだろう。

高枝切りバサミ

じゃんじゃん切ってやる。

 

3本に枝分かれしたところの

真ん中の枝を剪定する。いわゆる【枝抜き剪定】

まだこんなについていたのか?といいう位、

タネがじゃんじゃん落ちてくる。

道理で、こぼれ種でいくらでも生えてくるわけだ…
こんな風に。

 

…ちょっとカワイイ。
 

3mを超えても成長をやめようとしない我が家のシマトネリコ。
 

 

いつか、がっつり【強剪定をしてやる。
待ってろよ!

植物、ダイスキ。
植物男子Taichi

関連ページ:
嗚呼…シマトネリコ【樹皮の剥がれ】

植物の育て方【シマトネリコ】鉢植え推奨!
 

JUGEMテーマ:ガーデニング 

今日の気温は1℃〜13℃
午前中も過ごしやすい陽気になった。

午前中からポカポカ陽気になってくると、
葉を落として貧相な【ワイヤープランツ

どうにかしてやりたくなる。

葉芽も少し見える。

萌芽が始まっているならもう成長期。
…で、こんな具合に切り戻した。

 


 

10センチくらい伸びて、

葉が先っぽにしかついてないような小枝を

ソコソコ切り戻した。
様子を見て、4月に剪定第2弾。

それから

剪定中に枝に白い粉の様なものが…
これは【カイガラムシ】かぁ…

カイガラムシは広がると一気。

正直クスリを撒くほか思いつかない。

【カダンK】を散布。

以前ハナモモに大量発生したカイガラムシを

駆逐するのに購買&使用したもの。
広がらなければいいけど…


 

植物ダイスキ!
植物男子Taichi

関連ページ:
【ワイヤープランツ】育て方

 

JUGEMテーマ:ガーデニング

 

本日の気温、2〜11℃。
もう少しの辛抱…春はスグソコである!
さぶい冬の間は、このビタミンカラーに大いに救われました。


↓↓↓↓


ビオラ。各ご家庭で大活躍中のことと思われます。

さてさて黄色い花といえば最近、

或る所にて発見した素敵すぎる?ビタミンカラーの切り花。
思わず撮影…
↓↓↓↓

これはユリ?と思いつつこの写真をInstagramにあげたら…
これは【アルストちゃん】だ、
というコメントを頂いた。

アルストちゃん?

正式名は…
【アルストロメリア】


 

う〜ん、恥ずかしながらこの花に関して知識がなかった。

で、調べてみた。

●球根植物

●原産地から【インカのユリ】とも呼ぶ。
●たくさんの品種と花の色がある。
●花期も品種によって色々。
●アルストロメリアのうち、或る品種を
【ユリズイセン】と呼ぶそう
●高温多湿が苦手→品種改良が進んでいる

●うまくいけば植えっぱなしOK


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

なぜ、【アルストロメリア】なんてゆう名前がついたのか?
(それホンマでっか?!と言いたくなるストーリーだが…
)

この花を発見した植物学者の【親友】の男爵の名前が
アルストロメール(アルステーマ)
だった、と或るサイトに記述がある。

親友?パトロンだったのかな?

因みにこの植物学者はスウェーデン人のカール・フォン・リンネ
「分類学の父」と称される高名な方なのだそうだ。

てことは、自分の名前をつける程ではない、と判断したとか…?

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

花の色で花言葉が異なる?!
→彩りに応じて別々の花言葉があるそうだ。
黄色は【持続】なんだそうだ。

ウンチク色々。面白くなってきた。
夏越しし易い品種を入手したいものだ。

植物男子Taichi

 

 

関連キーワード:アルストロメリア,育て方,花言葉,

JUGEMテーマ:花のある暮らし

 

二十四節気では【啓蟄】となりましたね。

本日の気温は4℃〜16℃とかなり春らしくなって、
まさに啓蟄=『虫も目覚める』陽気でした。

さて、我が家の【ダイモンジソウ】。

 


形見分けで頂いたものでまだ我が家に来て半年、

この枯れた地上部をどうすれば良いのか?

 


 


 

よく見れば株元から今年の新芽が…

小さい葉っぱがこちらを伺っているようだ。

ついでに鉢から根鉢を出して見てみますと
そんなに根が回ってはいない…
ですが、

植え替えるならこの数週間のうちかと思い、

プラ鉢がとても小さいので、この際スリット鉢に植え替えました。




●水ハケが良いように鉢底には軽石。
●赤玉土+園芸用土。そこそこの保水性。
●芽出し肥を施す。

●この時期はよく日にあてる。
 

枯れた部分は残しておく理由もなかろう、と、
切っちゃいました。


ダイモンジソウよ、

今年も可憐な花を!よろしく!

植物男子Taichi

関連ページ:
ハマった!【ダイモンジソウ】
関連キーワード:ナチュラルガーデン,ダイモンジソウ,大文字草,春,3月,育て方,植え替え,肥料,日当たり,新芽,

JUGEMテーマ:ガーデニング

 

四季を感じる【落葉樹の庭】には、
【冬のワビサビ】もあれば、
【芽吹きの感動】も与えてくれる。
大いに結構!
ただ…

 

冬はやっぱり相当ボリュームダウンな感じがして寂しい。
そこで、この【アメリカイワナンテン】なのである。

 

 

アメリカイワナンテンのお陰で、

我が家の玄関アプローチは 冬の寒々しさを回避できている。

因みに我が家のアメリカイワナンテンは、高さ150センチはある。
園芸教則本では

【アメリカイワナンテン=常緑のグランドカバー】

という表現が多いが、

この高さでは最早【常緑樹】といった方が正しい。

 



また、この品種【レインボー】は正に読んで字の如く

新芽は赤くて瑞々しく素晴らしいし、

葉っぱはその後、緑にも黄緑色にもなり、また所々紅くなる。

 

地味な七変化が逆に情趣深い!
華やかさがない代わりに、【燻し銀】とも言うべき彩りを添えてくれるのだ。

さて今年でアメリカイワナンテンとの付き合いも10年。
毎年3月は、アメリカイワナンテンの

伸びすぎた枝を適宜切り戻す時期。

 

今年も芽吹きが楽しみです!

植物男子Taichi

 

 

関連キーワード:ナチュラルガーデン,作り方,アメリカイワナンテン,育て方,剪定,切り戻し,時期,適期,

JUGEMテーマ:ガーデニング

【紅葉が美しい】といわれる、

オタフクナンテン。

 

 

でもオタフクナンテンは、
しっかり日にあてないと

【美しい紅葉】にならない。

これは紛れもない事実だ。

オタフクナンテンを沢山植えてある植栽にありがちなのが、

日のあたり方が弱い部分の株が、

中途半端な紅葉でガッカリする、というパターン…

 

要するに
『オタフクナンテンは、決して陰樹ではない』

因みに我が家のオタフクナンテンは、露地植えの二株だけ。

これも日当たりに差があるので、それだけ紅葉ぶりにも差がある。

 

こちらは、イマイチな方。

☟☟☟☟☟

 



日がよくあたる方は真っ赤。

切って水挿しにしてみた。

☟☟☟☟☟☟

 


 

ね、真っ赤でしょ。

この苗は数日眺めて、結局【挿し木】にしました。
オタフクナンテンの挿し木は初体験!

 

一般に、

【落葉樹が芽吹く頃が、挿し木の適期】

のようなので、我が家では

庭植えのモミジの芽吹きを基準に。

で、オタフクナンテンを挿し木にしました。

こんな風に。

☟☟☟☟☟☟



 

ウマく育つ自信がイマイチわかない。

オタフクナンテンの枝がいかにも枯れ木のようだからだ。

さて、この挿し木。

発根して芽吹くか??

またご報告致します!!

植物男子Taichiクローバー

 

その後の経過はコチラでチェック!

👇👇👇👇👇

オタフクナンテンの挿し木【その後】


関連キーワード:オタフクナンテン,育て方,紅葉しない,葉が赤くならない,

JUGEMテーマ:ガーデニング


 

この原種シクラメンは、

【クリスマスローズの世界展】で

展示してあったもの。

 

原種シクラメン

 

さて、我が家の

年末にようやく発芽した原種シクラメン。

 

今は…

 

 

ひとつ芽が増えましたが、まだまだ小っちゃいまんま。

よ〜く見ると、

地際からもっと小っちゃい新芽が顔を出してます。

 

で、もうひとつの種まきポッドからも、一つだけ新芽が。


原種シクラメンの発芽

 

薄い液肥をたまに与えながら、

大きく育ってくれるのを心待ちにしています。

 

クリスマスローズと原種シクラメンを

小ぶりのロックガーデンに植えつけてみたい…

 

 

植物男子Taichi

 

 

劇作家にして園芸家。
チェコのカレルチャペックは、

その著書【園芸家12ヶ月】の中で、

 

意味なく?あたふたする【1月の園芸家】の傍らで

【勝手に咲いてくれる花】として
スノードロップクロッカスを記している。

そう、スノードロップはこの真冬の時期に、

本当に手間要らずで白く清楚な花を

咲かせてくれるのだ!…勝手に。



 

しかも鉢の中で、花数が年を追う毎に増えている!
そしてスイセンに開花のバトンを渡すまで、

私を癒してくれるのだ。

本場イギリスのスノードロップ
http://www.absolute-london.co.uk/alternative/8380

我が家でも庭にスノードロップを仕込んで、

白い小さな絨毯を作ってみたいものだo(^-^)oワクワク

 

植物男子Taichi

 

 

関連ページ:新芽フェチの垂涎…【スノードロップ】

 

JUGEMテーマ:花の有る暮らし

 








 

 

さて、2016年も終わりますが…

園芸作業のし忘れがないように
自宅周りをウロウロしてチェックしてみますと…
1つ、忘れてたことがありました!

 

それは、

【ラベンダーの切り戻し】

ラベンダーのラバンディン系は、条件が合えば

どんどん大きく育ってくれる。

それだけに木質化も早く、気がつけば

それなりの大きさの【樹木】になってしまう。

 

その姿は大抵、育て主の期待するとは違うモノなのです。
だから、年に一度はキッツイ剪定が必要なんです!

ラバンディン系は12月が【かなり強めの切り戻し(強剪定)】をする時期



まずは、普通のハサミでパッチンパッチンと切りまして…

こんな感じに。

 

木質化した部分が見えてきたので…

小さな芽を最低1つの枝に1つは残して…

 

バッサリ!

【切る子は育つ】とココロで唱えて、
分でもちょっと引く程スカスカにします(>_<)

鉢植えのラバンディンも、此の通りバッサリ!

 

…というわけで、
今年の園芸作業はここまで。
Taichiの拙いブログにお付き合いして頂いた皆様には、感謝申し上げます!

引き続き宜しくお願い致します。
良いお年をお迎えくださいませ!

 

2017年もいろんな花が咲きますように\(^^ )
 

植物男子Taichi


関連ページ(その後の様子):ラベンダーの剪定、3月は…


関連キーワード:ラベンダー,ラバンディン系,切り戻し,強剪定,時期,適期,冬の作業,ガーデニング,園芸,ナチュラルガーデン,ハサミ,

 

 

JUGEMテーマ:ガーデニング

 

原種シクラメン【ヘデリフォリウム】を種から育ててみようと、
小さな鉢に撒いてみた。

 

あれから2ヶ月…

発芽しました!
しましたが…たった1つ!

 



悔しさと嬉しさがごちゃごちゃに胸に去来する。

このあとの育て方は、
◎しっかり日に当てて育てる。
◎1000倍に薄めた液肥をやる。

種から育てると、花が咲くまで3〜4年かかるそうだ。
間違いなく、

ヘデリフォリウムの苗を購入してしまうだろうな、と予想しつつ、

この一人っ子を愛でて育ててみようと思う。

 

植物男子Taichi


 

関連ページ:

その後→→→【原種シクラメンの育て方】新鮮な驚き!

その前→→→【原種シクラメンの育て方】タネまき

 

 

ポチッと、お願いいたします〜!

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

 

JUGEMテーマ:ガーデニング

関連キーワード:原種シクラメン,育て方,種まき,発芽,発芽後,肥料,水やり,

 

今日の気温は
5℃〜10℃
風が冷たくて水やりも億劫になる。

さてそんな12月、庭のバラ達は休眠に向かうとはいえまだ活動中。

 

こちらのミニバラは、もはや5番花(・・?くらいで

花色が薄いが、楚々として逆に趣深い。

 

 

 

ちなみに【枝葉の色が赤みががっているのは、

糖分を蓄えようとしている証拠。

 

《この時期のバラの手入れについて

 

バラの植え替えや剪定は冬になってから、というと

その【冬】ってのはいつから?というわけで

これがなかなか難しい。

バラに色々と手を加えるのはまだまだ早そうだ。

◎バラの水やりin12月
鉢植えも露地植えも土が乾きにくくなるし、

バラ達は活動中とはいえ生育がすこしづつ鈍ってくる。

土が乾いたらたっぷり、というルールがそのままでも

【乾くまでの時間が間延びするので…
私は『迷ったら少し待つ』くらいの水やり態勢。

◎バラの肥料in12月
私は基本【置き肥】【液肥】を適度に使っているが、

真冬には【置き肥は養分が吸収されにくくて良くないらしい。
土に混ぜ込んですこしづつ分解される【元肥】推奨。

◎バラの剪定in12月
ウチは夏に必ずバラの葉がなくなる…害虫、病気のせいで。

涼しくなってから今までに復活してきた枝葉は

【1月下旬までしっかりキープしたいので

それまでバラの枝の剪定はやらない。

◎バラの病害虫対策
春〜秋ほどではなくても、

薬剤散布などはマメに行う…

落ち葉や土中に注意!

冬の枝にはカイガラムシもつきがち。

 

 

⇒冬のバラの手入れ、特に剪定!タイミングを逸しないようにしないと。

マニュアル化するなら【節分には剪定】かな(・・?

 

癒しのナチュラルガーデンより。

植物男子Taichi

 

 

関連キーワード:

ナチュラルガーデン,バラ,ミニバラ,育て方,剪定,水やり,冬,肥料,

 

関連ページ:

ナチュラルガーデン的バラ…これはいかが(・・?

バラの花と【泣き泣きお別れ】

 

JUGEMテーマ:

 


私の住居兼庭(当たり前か)は、大阪の北摂地域にあるのだが、
12月に入って最低気温が5℃を割り込んできている。

多くの多肉植物、観葉植物マニュアルが

 

【10℃以下生育停止、5℃以下危険】みたいなことを書いている。

なるべく厳しい環境で育てないと丈夫に育たないのはヒトも植物も一緒!
とはいえ霜にあたって枯死では元も子もない…

結局、相当の鉢植えを室内移動している。

 

限られたスペースで、弱そうなモノを優先して入れているつもり。

 

◎ハオルチア 

◎エケベリア

◎サボテン、アロエ

 

◎アエオニウム【黒法師

 

◎ルビーネックレス

 

◎ドラセナ・サンデリアーナ

◎エアプランツは…チランジア、ウスネオイデス

※チランジア、ウスネオイデスの半分は

まだ外に置きっぱなし。
 

◎クラッスラ【神刀】は全部、屋外。

 

◎グロッチフィルム【宝禄】も屋外キープ。



去年の1月、早朝の気温が−2℃になった日に、

観葉・多肉植物以外のレースラベンダー他

レギュラーメンバーが多数枯死…やられた。

めちゃめちゃ暑くなったり、めちゃめちゃ寒くなったりする

異常な地球…

この季節を

愛する植物達と乗り越えたい!

植物男子Taichi

 

JUGEMテーマ:花の有る暮らし

関連キーワード:冬越し,多肉植物,観葉植物

 

二四節気では【小雪】が間もなく終わり【大雪】
赤い実に癒される季節が本格化!ですね〜

先日はこのブログにて、

京都・詩仙堂の【センリョウ・マンリョウ】について記述。
↓↓↓↓↓

【京都 花の旅】詩仙堂&カフェ


今、我が家でも、

【マンリョウ】が美しい【赤い実】をつけてくれている。


ある日、敷地内に勝手に生えてきたギザギザの葉が

『どうみてもマンリョウ』だったので、

掘りあげて鉢植えで育てたてみたら着実に育ってくれたのだ。
ヒヨドリが食べて運んだのかな?有り難いことだ。
毎年正月の縁起物として玄関前を飾ってくれている。

 



京都の庭のワビサビを表現してきたマンリョウのこと、
和洋折衷のナチュラルガーデンに露地植えで混ぜてしまうと
地味さが勝ってしまう恐れがあるので…
あくまでも縁起物の扱いで、玄関前に白い艶のある陶器鉢で、

ちょっと別格?な扱いにしている。

 



【マンリョウの育て方ポイント】
◎基本的に半日陰。直射がほぼない。問題なく育つ。
◎土も普通。赤玉土と腐葉土。
◎水は株元の土が乾いたらタップリ。
◎成長期に下葉が、ちょっとビックリするくらいまとめて黄色くなって落葉する。慌てなくて大丈夫。
◎真っ直ぐ上に伸びて育つ。開帳性なし。

そして今も敷地内2箇所に、新たなマンリョウの芽が出ている。

 


3本まとめて植え直すと、高低差がついて

見栄えが良くなるかも…楽しみです!

 

Myガーデンより。

植物男子Taichi



関連キーワード:マンリョウ,育て方,赤い実,葉が落ちる,落葉する,ナチュラルガーデン

 

JUGEMテーマ:ガーデニング

 

 


コブクロの【ここにしか咲かない花】という曲は

大好きな曲だが…
 

【ここにきて咲かない花がある〜?】(v_v)

ビオラの一鉢だけが咲かない(°°;)



良くある話だが、自分に降りかかるとちょっと気分が良くない。
たがしかし、明けない夜がないくらい
『咲かないビオラはない』のだ。


こちらは併せて買ったビオラ。

じゃんじゃん花芽があがってくる。

【花が咲かないビオラ】対策としては…

 ◎冬場の日当たりを良くして、
 ◎液肥をシュウイチ位はちゃんと与えて、
 ◎伸び過ぎたら敢えて切り戻し次のチャンスを

経験上、併せて買った同じ品種でも

各々の株の個性で 1ヶ月位は開花の差があると思っている。

 

関連キーワード:ビオラ,育て方,花が咲かない

関連ページ:

ビオラ!モリモリのあとの4月

失敗しにくい!【ビオラの育て方】


JUGEMテーマ:ガーデニング