9月、京都。【圓徳院】の庭園に癒される。

京都の庭園【圓徳院】は、ねねさんの庭園

豊臣秀吉の妻、北政所ねねが晩年の19年間を過ごした、圓徳院。ねねが秀吉との思い出の多い伏見城の化粧御殿とその前庭を移築し完成させた、この圓徳院から秀吉の菩提寺として建立した高台寺に通いました。多くの大名や禅僧、文化人がねねを慕って集まり、文化サロンのような一面も持っていました。
ねねが亡くなった後に高台寺の塔頭寺院「圓徳院」となりますが、今でもねねが眺めたものと変わらぬ美しい庭園を残し、一年を通して多くの拝観者が圓徳院を参拝しています。

圓徳院の【長屋門】

圓徳院の【長屋門】

圓徳院【唐門】方丈への入り口

【唐門】方丈への入り口

太閤秀吉が好んだ手水鉢

太閤秀吉が好んだ手水鉢

圓徳院の方丈庭園【南庭】

方丈庭園【南庭】

圓徳院【北書院】へ向かう

圓徳院【北書院】へ向かう

名勝【北庭】圓徳院

名勝【北庭】

名勝【北庭】圓徳院

【北庭】

植物fan.Taichi
関連記事
京都 歩いてみれば… 本能寺の【火伏せのイチョウ】に出会う

本能寺の「火伏せの銀杏」京都市指定保存樹

京都 歩いてみれば… 本能寺の【火伏せのイチョウ】に出会う

2019.11.04

ランキング参加中です。ポチッと、お願いいたします~!

Pocket
LINEで送る




ABOUTこの記事をかいた人

植物&庭園が大好きなサラリーマンガーデナー。植物たちの育て方を学び、第2の人生は手作りの庭で植物たちに囲まれて四季を感じながら過ごし、人生を終えたい。 さてその庭は、和庭か?イングリッシュガーデンか?場所は?日本?海外?…悪戦苦闘、ドタバタボタニカルライフに多少なりとも共感していただける方はぜひブログを御覧になってくださいませ。