【バラの育て方】秋バラの手入れと小山内さんの新作バラが驚異

秋バラの小ぶりで楚々とした感じ…

写真は拙宅の【レオナルド・ダ・ヴィンチ】
佳きかな~

さて先日、地元のテレビ番組(サンテレビ)でバラの専門家の小山内健さん(京阪園芸)が
【秋のバラの手入れ
について語っていたので…o(^-^)oワクワクメモメモ

◎秋のバラは【弱剪定】が良い
花の真下、3枚葉をつけて切る程度
新芽が下にあれば、ソイツを優先して深めに切るのもアリ。

◎ほどほどに、寒さにあてて【休眠】を
これが、バラ苗に花を沢山つけさせる大事な要件なんだそうな。
休眠期でも【日当たり】は良いところに!
室内に持ち込んだりしてはダメ。

◎水やりもほどほどに
秋以降は兎に角【やり過ぎ】が良くない。乾かし気味で充分!

※それから…これがメッチャ気になったのですが、
バラドクター小山内氏が20年ぶりに満を持して出した新作バラの話。その名も【フィネス】

トゲが少ない
●香りが抜群に良い
●花つきが良い
まさにfine!→仏語でfinesse!

※このバラ【フィネス】とその後、万博記念公園で出会うことに。

小山内健のバラ【フィネス】とは

フィネス(京阪園芸 2017年作出)

フィネス(京阪園芸 2017年作出)

【和 名】フィネス
【英 名】finesse
※英語の「Fine」に由来するフランス語で、ワイン用語として「優雅さ」 「繊細さ」「上品さ」などを表す言葉。ワインカラーに近い花 色、芳香、雰囲気から名づけられたそうな。

【系 統】S
【花の大きさ】中輪 (花径8~10cm)
【花の色】ローズピンク
【花の形】ロゼット咲き

フィネス@万博記念公園バラ園

10月のフィネス@万博記念公園バラ園

【香 り】 中香
※ダマスク系の香りにスミレやレモンバーム などが溶けこむ アロマティークな芳香。
【咲き方】 四季咲き
【樹 形】木立樹形
【樹 高】1~1.2m
【作出国】日本(京阪園芸)
【作出者】小山内健
【交配親】不明
【作出年】2017年

いいなぁ!欲しいな~!

植物fan.Taichi

ポチッと、お願いいたします~!
にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

 

Pocket
LINEで送る




ABOUTこの記事をかいた人

植物&庭園が大好きなサラリーマンガーデナー。植物たちの育て方を学び、第2の人生は手作りの庭で植物たちに囲まれて四季を感じながら過ごし、人生を終えたい。 さてその庭は、和庭か?イングリッシュガーデンか?場所は?日本?海外?…悪戦苦闘、ドタバタボタニカルライフに多少なりとも共感していただける方はぜひブログを御覧になってくださいませ。